**************************************************************************************************


女性を主人公にした映画は、これがまったくの初めてと言うデヴィッド・O・ラッセル監督が、ご覧の写真を初公開したエンタテインメント・ウィークリーのサラ・ヴィルコマーソンの取材に応じて、さらに語ってくれたコメントによれば…、
“ ひとりの女性が10歳から40歳の間にかけて、自分の魂の内側に秘めたものを描く、とても予想だにできない物語の叙事詩にしたかったんだ。 ”
…とのことで、現在24歳のジェンが、自分よりも、かなり歳上の同性の感情をも演じることになるらしい最新主演作「ジョイ」の予告編を早速、ご覧ください…!!







ジェンが若干22歳にして、最優秀主演女優賞のオスカー像を手にすることになった「シルバー・ライニングス・プレイブック」(2012年)と、ジェンのお気に入り映画「ザ・ダークナイト」(2008年)のバットマン=クリスチャン・ベールの妻に扮して、やはり、オスカー最優秀助演女優賞にノミネートを果たした「アメリカン・ハッスル」(2013年)に続けて、まさに息のあった間柄と…言えるか、どうか?!、微妙なデヴィッド・O・ラッセル監督と組んだ3本めの最新作「ジョイ」を配給する FOX が初公開した予告編です…!!
広 告


ミラクル・モップは、何がどうミラクルなのか?!、そのミラクルたる驚きの便利さを知らない方のために、下 ↓ にアタッチしたテレビショッピングの動画で、自分の発明品を自ら、視聴者に売り込んでいるジョイ・マンガーノに、ジェンが扮した「ジョイ」は…、



16歳にして、犬のノミ取り首輪を発明するなど、そもそも、ユニークな発想に富んだ人らしいジョイ・マンガーノが大学を卒業し、同級生のトニー・ミランと結婚して、3人の子宝に恵まれるも、33歳の時に離婚…。その当時、まだ7歳以下の幼い子どもたちを抱え、シングル・マザーとして、自分ひとりで家計をやりくりしなければならなくなったジョイは、昼間の仕事のほかに、夜はウェイトレスをするなど、まさに身を粉にして、働きづめの毎日を送るも、努力とは裏腹に、生活苦へと陥っていく…。


しかし、そのように暮らしが大変だったからこそ、どうにかして、家事の時間を短縮したいと考えたのか?!、自分の手を濡らして、汚すことなく、簡単に絞ることができる便利なモップを発明!!、そのミラクル・モップと名づけたアイディア・グッズが、テレビ・ショッピングを展開する大手のホーム・ショッピング・ネットワークの目にとまったことから、ジョイの人生は大きく様変わりをしていくことに…!!


…といった次第で、「ジョイ」が初公開した予告編は、そうしたジョイ・マンガーノの七転八倒にして、七転び八起きの人生の様々な局面を、次々にチラ見せすることで、シリアスなドラマと笑いが絶妙にマッチした、まさに良質なドラメディに仕上がりつつあるらしいことをほのめかしながら、そうした喜怒哀楽に富んだ物語への期待を存分に抱かせてくれているように思われますね…!!

映画の主人公のモデルのジョイ・マンガーノ本人です。これまでに発明したアイディア・グッズで、100以上の特許権を持ってるそうです!!

共演者として、ジョイの夫のトニー役に起用されたのは、リメイク版「ハートブルー」(1991年)の「ポイント・ブレイク」が、今年末12月25日から全米メリー・クリスマス・ロードショーのエドガー・ラミレス、ジョイの父ちゃんは、前述の「シルバー・ライニングス・プレイブック」では、ブラッドレイ・クーパーの父ちゃんだった名優ロバート・デ・ニーロ、そして、そのブラッドレイ・クーパーが、ジョイの人生を大きく変えるホーム・ショッピング・ネットワークの重役として登場するほか、やはり、「アメリカン・ハッスル」に出演していたエリザベス・ロームに加えて、「インランド・エンパイア」(2006年)などのダイアン・ラッド、「サイドウェイ」(2004年)のヴァージニア・マドセン、「ブルーベルベット」(1986年)で知られるイザベラ・ロッセリーニらが集ったジェンの最新作「ジョイ」も、今年末12月25日から全米メリー・クリスマス・ロードショー!!、なので、エドガー・ラミレスは、自分の出演作同士が興行バトルを戦うハメになっていますが、さて、CIAリーダーのみなさんは、ジェンがふたつめのオスカー像を強引に持ち去りそうな可能性が窺えなくもない「ジョイ」の予告編を初めて、ご覧になって、どのような感想をお持ちになられたでしょう…?!

《関連記事》
Photo : デヴィッド・O・ラッセル監督とのコンビ作「ジョイ」を撮影中のジェニファー・ローレンスとロバート・デ・ニーロ ! !(15.4.12)
Photo : キレる人と評判のデヴィッド・O・ラッセル監督との大ゲンカについて、コメントしたジェニファー・ローレンス ! !(15.3.1)

JOY is the wild story of a family across four generations centered on the girl who becomes the woman who founds a business dynasty and becomes a matriarch in her own right. Betrayal, treachery, the loss of innocence and the scars of love, pave the road in this intense emotional and human comedy about becoming a true boss of family and enterprise facing a world of unforgiving commerce. Allies become adversaries and adversaries become allies, both inside and outside the family, as Joy’s inner life and fierce imagination carry her through the storm she faces. Jennifer Lawrence stars, with Robert De Niro, Bradley Cooper, Edgar Ramirez, Isabella Rossellini, Diane Ladd, and Virginia Madsen. Like David O. Russell’s previous films, Joy defies genre to tell a story of family, loyalty, and love.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA