**************************************************************************************************


ミア・ヴァシコウスカが個人的な事情により、いきなり降板してしまったウエスタンのスリラー映画「ブリムストーン」(2016年公開予定)に、ダコタ姉ちゃんが急遽、代役として主演をすることになり、そそくさと撮影に突入してしまったスケジュールの都合から、主演女優がいなくなってしまった「ブレイン・オン・ファイア」のプロデューサー、シャーリーズ・セロンが頭を抱えてしまった困った状況を、そのフリオーサとは「ダーク・プレイセス」(北米8月7日限定公開)で共演した間柄のクロエ・モレッツちゃんが救ってくれることになりました!!、フリオーサから、クロエ・モレッツちゃんに直接に電話でも架かってきたんでしょうか…?!




今年2015年に公開された映画のうち、最も観るべき作品として高評価されている「マッドマックス :フューリーロード」(全米暴走中)で、片腕の女戦士のインペラトル・フリオーサに扮したことで、現在カルト人気のシャーリーズ・セロンが仕掛け人のプロデューサーとして、準備を進めてきた「ブレイン・オン・ファイア」に、クロエ・モレッツちゃんが急遽、ピンチヒッターとして、主演女優をつとめてくれることになった朗報を、The Wrap のジェフ・スナイダーがレポートしてくれました…!!

フリオーサ39歳としては、仮にもし、自分が今、20代だったなら、本当は自分が主演したかったのでは…?!と思えなくもない「ブレイン・オン・ファイア」は、ニューヨーク・ポストの記者のスザンナ・キャハランが、2012年に発表した同名の闘病記を映画化するもので、その邦訳本を「脳に棲む魔物」のタイトルで出版する角川マガジンズによれば…、


“ マンハッタンで、ひとり暮らしをする24歳の新聞記者スザンナが心身に変調を来たしたのは、ある朝、突然のことだった。最初は虫に噛まれたものと高をくくっていたところ、徐々に左腕がしびれ、それが左半身にひろがっていった。同時に、仕事への意欲を失い、部屋の片付けさえできなくなる。
幻視や幻聴を体験したすえ、口から泡を吹き、全身を痙攣させる激しい発作を起こすまでになる。
医師の見立ては精神障害、ないしは神経疾患。処方薬はまったく効果がなく、検査でも原因を突き止められない。症状は悪化の一途をたどり、医師たちが匙を投げかけたとき、チームに加わった新顔の医師が精神疾患の疑いを否定し、最新の医療研究が明らかにした病因を提示して…。
人格を奪われ、正気と狂気の境界線を行き来した日々を、患者本人が聞き取り調査や医療記録、家族の日誌などから生き生きと再現して、全米に衝撃を与えた医療ノンフィクション。”
…とのことで、新顔の医師のおかげで、明らかになったスザンナ・キャハラン記者の病名は、抗NMDA受容体抗体脳炎というものだそうで、ぼくは医師ではないので、その脳炎について、詳しい説明や、医学的な言及はできませんが、オカルトの悪魔払い映画で描かれるような悪魔憑きに似た症状を示すと俗に言われているそうですから、映画としては、そうしたスザンナが “ 正気と狂気の境界線を行き来した日々 ” をホラー・タッチ?!をまじえ、スペクタクルに描く可能性は充分に予想できるので、となれば、「レット・ミー・イン」(2010年)や、「キャリー」(2013年)といったホラー映画を得意とするクロエ・モレッツちゃん…ではなくて、天才ホラー女優のイニッド・クリシンスキーちゃんとしては、自家薬篭中の演技を発揮できる主演作になるのかもしれませんね…!!


クロエ・モレッツちゃんが天才ホラー女優イニッド・クリシンスキーちゃんの別人格?!を駆使して、実在のスザンナ・キャハラン記者の正気をクロエ、狂気をイニッドと巧みに演じてくれそうな可能性を踏まえると、ダコタ姉ちゃんの急な降板は、プロデューサーのシャーリーズ・セロンにとって、もしかすると瓢箪からコマのラッキーになるかもしれないメディカル・スリラー「ブレイン・オン・ファイア」のメガホンをとるのは、「トランスフォーマー5」(2014年)のジャック・レイノールが主演をつとめた「グラスランド」(2015年)が、今春の本国イギリスでの公開で高評価をされたジェラルド・バレット監督。共演者は、同映画から引き続き、起用されたウィル・ポールターと、北米で現在、限定公開中の「ミー&アール&ザ・ダイイング・ガール」(北米公開中)が好評価をされて、注目のトーマス・マンだそうですから、新進のよい役者がそろった感じですね…!!、なお、ジェフ・スナイダーは、「ブレイン・オン・ファイア」の撮影予定などについて書いていませんが、恐らくはクロエ・モレッツちゃんのスケジュールが空いている今のうちに、早々と進められることになるのではないでしょうか…?!、クロエ・モレッツちゃん最新作「脳に棲む魔物」の続報をお楽しみに…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA