**************************************************************************************************


第1弾の「ボーン・アイデンティティー」(2002年)から、「ボーン・スプレマシー」(2004年)、「ボーン・アルティメイタム」(2007年)と、マット・デイモンが主演をつとめた旧トリロジーを通して、共演した間柄のニッキー復帰作の対戦相手の正体を検索して、突きとめてくれました…!!



…というのは、もちろん冗談ですが、マット・デイモンが、あらためてジェイソン・ボーン役を演じて、ポール・グリーングラス監督との名コンビを復活させるシリーズ第5弾…と書けば、冒頭のトリロジーの次なんだから、第4弾では?!という解釈の人もいるかもしれないので、念のために、ジェレミー・レナーが主演した「ボーン・レガシー」(2012年)も、タイトルに「ボーン」が入っているので、「ボーン」シリーズとしては、5本めになる最新作「ボーン5」に…、

広 告


前述のレギュラー・キャスト、ニッキー役のジュリア・スタイルズが、出演契約書にサインをし、晴れてマット・デイモンと一緒にシリーズ復帰が正式に決定したことを、業界メディア Deadline のマイク・フレミングが独占レポートしてくれたかと思ったら…、


上 ↑ の Tweet のように、映画ジャーナリストのジェフ・スナイダーが「ボーン 5」の悪役として、名優ヴィゴ・モーテンセンがオファーを受け、出演交渉中であるらしいスクープを補足してくれました…!!

「ロード・オブ・ザ・リング」トリロジーのアラゴルン役はもとより、デヴィッド・クローネンバーグ監督と名コンビを組んだ「ヒストリー・オブ・バイオレンス」(2005年)、「イースタン・プロミス」(2007年)といったクライム映画でも、凄みを発揮してくれたヴィゴ・モーテンセンが、「ボーン5」で、いったい、どのような悪役を依頼されたのか?!、物語のプロットが伏せられているので、どうにも憶測のしようはありませんが、マット・デイモンのジェイソン・ボーンとしては、復帰をするなり、いきなり、最強にして最凶の敵を迎え撃つハメになりそうですね…!!


マット・デイモンのみならず、ジュリア・スタイルズのニッキーとしても、ライバルのヒロイン、アリシア・ヴィキャンデル(「ザ・マン・フロム・アンクル」8月14日全米公開)が登場するので、うかうかしていられない最新作「ボーン 5」は、来年2016年7月29日から全米公開!!、続報をお楽しみに…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA