**************************************************************************************************


オスカー受賞の映画音楽家、ジェームズ・ホーナーさんが、現地のサンタバーバラでは今日の6月22日(月)に、自らがパイロットとして操縦していた所有の小型飛行機の墜落事故により、お亡くなりになられたことを、故人のアシスタントのシルビア・パトリクジャさんが、以下 ↓ のように、facebook を通じて、告知されました。享年は61歳でした…。





A great tragedy has struck my family today, and I will not be around for a while. I would like some privacy and time to...

Posted by Sylvia Patrycja on 2015年6月22日

1953年にロサンゼルスに生まれ、80年代から映画音楽の作曲家として、活躍を始め、来月7月24日に全米公開のボクシング映画の感動作「サウスポー」まで、常に第1線で仕事をされてこられた故人の代表作としては…

広 告


「フィールド・オブ・ドリームス」(1989年)や、「ブレイブハート」(1995年)、「アポロ13」(1995年)などが、すぐに思い浮かぶほか、名作「ザ・スピットファイア・グリル(この森で、天使はバスを降りた)」(1996年)といった小品も手がけられるなど、本当に数がありすぎて、とても、すぐに書き切れませんが、しかし、CIA の映画ファンの方が訃報を聞かれて、真っ先に思ったのは、「エイリアン 2」(1986年)、「タイタニック」(1997年)、そして、「アバター」(2009年)と、寡作なジェームズ・キャメロン監督と名コンビの間柄でも知られていただけに、同監督が、これから本格的に展開をする「アバター」シリーズはどうすれば、いいのか?!、途方に暮れるような気になってしまったのではないでしょうか…。

ジェームズ・ホーナーが、アカデミー賞の最優秀オリジナル主題歌賞を受賞した “ My Heart Will Go On ” を、あらためて、お聴きください。こんな映画史に残る永遠の名曲を作曲した人が亡くなるなんて…。(涙)




まったく突然の訃報のショックに絶句すると同時に、どうして、こんな事故が起こってしまうのか…?!、やるせない気持ちにも陥ってしまいますが、故人の業績に感謝を捧げつつ、ご冥福をお祈りさせて頂きます…。


《追記》 ぼくは名コンビとして、ジェームズ・キャメロン監督の名前をあげましたが、自分は7本もの映画で組んだ…という、ロン・ハワード監督の悲しみのコメントです…。









【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA