**************************************************************************************************


34歳だった14年前に「24」をスタートしたキーファー・サザーランドも、もう50代が目前ということで、どうやら、テロリストと直接対決する現場の仕事は、次の若い世代に引き継がれることになるようです…!!




約1年前の昨2014年5月に、特番のイベント・シリーズとして、エピソードの数を従来の24話から半分の12話に減らして、全米で放送開始した「24: リブ・アナザー・デイ」が、内容の高評価にそって、視聴率も好調だったことから、その後の展開を検討していたFOXテレビが、新たにスピンオフ・シリーズを構想していることを、プロデューサーのハワード・ゴードンに取材した TVLine のマイケル・オーシエロが独占レポートしてくれました…!!

前述の14年前の2001年の放送開始以来、「24」に携わってきたプロデューサーのハワード・ゴードンによれば、検討中のスピンオフ・シリーズは…、


キーファー・サザーランドのジャック・バウアーに代わって、20代の男性が “ テロリスト・ハンター ” として活躍し、そのアンチ・ヒーローの若者をサポートするベテランとして、年上の女性エージェントが登場することになるそうです!!、ただし、それだけでは、「24」のスピンオフ・ドラマと銘打っても、単に二番煎じのよく似たドラマの亜流になってしまいかねないことを懸念しての配慮でしょうが、結局のところ、キーファー・サザーランドのジャック・バウアーがゲストという形で、折りにふれては姿を見せ、ドラマの展開に絡んでくるほか、「リブ・アナザー・デイ」から引き続き、イヴォンヌ・ストラホフスキーのケイト・モーガン捜査官(↓ 写真)も再登場する見込みだそうです…!!、しかし、だからと言って、ケイト捜査官は、前述の主人公をサポートするベテランの女性エージェントの役割ではないそうなので、やはり、ジャック・バウアーと同様に、「24」らしさを醸し出すための脇役をつとめることになるようですね…!!


現時点においては、この新しい「24」で、言わば二代目のジャック・バウアーとなる主人公のヤング・テロリスト・ハンターを、誰が演じるのか?!、また、いつ頃に放送開始するつもりなのか?!、プロジェクトの具体的な詳細は不明ですが、まず最初は「リブ・アナザー・デイ」のように短めのイベント・シリーズとして製作し、視聴者のファンの反応がよければ、かつてのような24時間の長丁場を戦うシリーズとして、本格的にスタートさせる目論見とのことです!!、果たして、キーファー・サザーランドのジャック・バウアーは脇役の新しい「24」は実現にたどり着くのか…?!、進展に期待して、続報を待つことにしましょう…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA