**************************************************************************************************


北米では今日の週明け月曜日の5月4日=“ May the 4th ”は、“ フォースのご加護があらんことを… ” = “ May the Force be with you. ” にちなんで、「スター・ウォーズの日」であることから、何かが起きるはず…と、ジェダイの騎士のみなさんは当然、フォースで察していたと思いますが、ご覧のように、最新作「スター・ウォーズ: ザ・フォース・アウェイクンズ」をカバーにフィーチャーして、特集を組んだヴァニティ・フェア最新6月号の誌面に掲載の新しい写真と、それらの写真撮影の様子のメイキング・ビデオとがリリースされ、ついに、あの暗黒の騎士のカイロ・レンの素顔を観ることができました…!!







現代最高のポートレート写真家と言われるアニー・リーボヴィッツが、最新作「ザ・フォース・アウェイクンズ」の撮影中に、その現場を訪れ、カメラのシャッターを切った様子を紹介した、ヴァニティ・フェアのプロモ・ビデオです…!!


ご覧のように、シリーズ復活の最新作に登場するキャストや、メカの様子が大変にクリアなイメージで紹介されたわけですが、披露された写真を順番に観ていくと…、


上 ↑ は、もう以前から、アダム・ドライヴァーが演じてるのは公然の事実として、わかってたことですが、あのクロスガード・ライトセーバーを持つ暗黒の騎士のカイロ・レンが、ついに初めて、マスクをとって、素顔をさらした姿です!!

そして、下 ↓ は、「コン・エアー」(1997年)で、ニコラス・ケイジが演じた主人公のキャメロン・ポーとは何の関係もないオスカー・アイザックのポー・ダメロン!!



先月4月のスター・ウォーズ・セレブレーションで披露された第2弾の予告編に登場したクローム・トルーパーのキャラクターは(↑)、かねてより憶測されていた通りに、TVシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」の女騎士ブライエニーこと、グェンドリン・クリスティーが起用されたキャプテン・ファスマで間違いないことが、このヴァニティ・フェアの記事で初めて、公式に確認がとれました…!!、上 ↑ のアダム・ドライヴァーの暗黒の騎士カイロ・レンと並んで、新しい「スター・ウォーズ」の二大悪役のひとりをつとめることになります…!!




12イヤーズ・ア・スレイブ」(2013年)で、オスカーの最優秀助演女優賞に選ばれたルピタ・ニョンゴはモーキャップで、CG のキャラクター、マズ・カナタを演じています!!(↑↓)、一体、どんなイメージのエイリアン?!なのか?!、その姿の披露が楽しみですね…!!




上 ↑ は、「スター・ウォーズ」を代表する新しい顔として、映画史に残る異例の大抜擢を受けた無名の新人デイジー・リドリーが演じるヒロインのレイと、「アタック・ザ・ブロック」(2011年)のジョン・ボイエガが起用された新しいジェダイのヒーロー、フィン!!、下 ↓ は、そのふたりと一緒に、カメラに向かったハリソン・フォードのハン・ソロと、ピーター・メイヒューのチューバッカという、「スター・ウォーズ」の新旧の顔がそろった、うれしいショットですね…!!



最後の写真は、左から順に、「スター・ウォーズ」と言えば、この人の音楽は欠かせない作曲家のジョン・ウィリアムズ、ジョージ・ルーカスに代わって、新たにルーカス・フィルムの代表に就任したチーム・スピルバーグのプロデューサー、キャスリーン・ケネディ、約32年前の前作「エピソードⅥ: ジェダイの帰還」(1983年)から引き続き、シナリオを手がけたローレンス・カスダン監督、そして、黒幕のスピルバーグ監督から指名されて、シリーズ復活を重責を引き受けたJ・J・エイブラムス監督です…!!

シリーズ復活の最新作「スター・ウォーズ: ザ・フォース・アウェイクンズ」は、今年末12月18日から全世界で同時に公開!!、キャノンのみならず、アンソロジーも含め、「スター・ウォーズ」の続報をお楽しみに…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA