**************************************************************************************************


ブライアン・シンガー監督が、果たして、山下しゅんやさんがデザインした美少女キャラのイメージを参考にするか、どうか?!はさておいて、新たにジュビリーを演じる女の子のキャストが発表されました…!!






これまでの過去のシリーズ作品で、ジーン・グレイ役を演じてきたファムケ・ヤンセンに代わって、「ゲーム・オブ・スローンズ」のソフィー・ターナーを起用したほか、ハル・ベリーに代わって、新ストームのオロロ・マンロー役を担当するアレクサンドラ・シップ(「ストレイト・アウタ・コンプトン」8月14日全米公開)、ジェームズ・マースデンに代わって、新たに目から光線を出すサイクロップスのタイ・シェリダン(「マッド」2012年)、そして、新ナイトクローラーのコディ・スミット=マクフィー(「スロウ・ウエスト」北米5月15日限定公開)に加え、何の役を演じるのか?!は、シークレットとされていますが、テレビシリーズ「イーストエンダーズ」で知られるベン・ハーディを起用するなどして、「X-Men」シリーズのキャストを入れ替える世代交代を進めているブライアン・シンガー監督が、さらに追加の若い新キャストとして、ラナ・コンドルちゃんを起用したことを発表してくれました…!!


シリーズ第1弾となる旧トリロジーの1作め「X-Men」(2000年)では、カトリーナ・フローレンスが演じ、その後、第2弾の「X2」(2003年)と、完結編「ザ・ラスト・スタンド」(2006年)では、キー・ワンが担当したミュータントのジュビリー役に抜擢された無名のラナ・コンドルちゃんについては、こういう時に役に立つ IMDB (インターネット・ムービー・データ・ベース)を調べても、ラナちゃんのページそのものはあるにしても、プロフィールや、フィルモグラフィーは空白で、埋められていません…。また、facebook や、Twitter で、ラナちゃんのアカウントを探しても、見つけられませんでしたし、Instagram の写真(↑↓)を見ても、本人の芸歴に関する情報は特に見当たらなかったので 本当にまったく無名の新人?!というしか、今のところは仕方がないようです。


なので、ラナちゃんがミュータントのジュビリー役にふさわしいか、どうか?!については、現時点においては、原作コミックでの中国系アメリカ人というキャラクターの設定に対して、ひとまず、見た目がアジア系?!らしきラナちゃんはマッチしてる…としか言えませんが、果たして、ラナちゃんのジュビリーは、最新作「アポカリプス」で、どのような活躍をしてくれるのか…?!、また、昨日(3月25日)、お伝えしたように、早々と「X-Men」シリーズ卒業を宣言したミスティークのジェンと同様に、「ファースト・クラス」(2011年)から参戦したジェームズ・マカヴォイや、ミヒャエル・ファスベンダーたちも、3本めとなる「アポカリプス」を最後にシリーズを立ち去ってしまう可能性が懸念されてるわけですが、前述の入れ替わりの新キャストや、ラナちゃんたちが、その後をしっかりと引き継いでいくことができるのか…?!、「X-Men」シリーズにとって、大きなターニング・ポイントになりそうな「アポカリプス」は、来月4月末に撮影を開始し、全米公開は来年2016年5月27日からの予定です…!!、「X-Men」シリーズの続報をお楽しみに…!!








【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA