**************************************************************************************************


とり急ぎ、カンタンにお伝えします…!!、「スター・ウォーズ」なので、全世界で同時に公開になると思いますが、ディズニーのCEOのボブ ・アイガー氏が、以下のようにプレスリリースを通じて、今年末12月18日世界公開の「スター・ウォーズ: ザ・フォース・アウェイクンズ」の続篇「エピソード8」の封切り日を決定したことを発表しました…!!





ジョー・ゴードン=レヴィットが主演をつとめたSFタイムループのアクション・スリラー「ルーパー」(2012年)が高評価されたライアン・ジョンソン監督にメガホンが託された「スター・ウォーズ: エピソード8」の全米公開日は…

2017年5月26日に決定 ! !


…とのことで、「スター・ウォーズ」にとっては伝統的なメモリアルデーに合わせて封切る5月の公開日に戻り、サマームービーとして登場することになりました!!、オリジナルの「スター・ウォーズ」が、1977年5月25日に世に出てから、ちょうど40年と1日めの公開だそうです!!、なお、「スター・ウォーズ: エピソード8」に関して、プレスリリースでは、ライアン・ジョンソン監督が脚本を執筆して、メガホンをとること以外には、特にふれられておらず、物語の内容や、出演者の詳細は引き続き、伏せられたままとなっています。

Bob Iger confirmed that Rian Johnson will write and direct Star Wars: Episode VIII. The film, which continues the saga after the events of Star Wars: The Force Awakens, is set for release on May 26, 2017 — forty years and a day after the release of Star Wars: A New Hope in 1977. Johnson is widely considered one of cinema’s most gifted young filmmakers, having directed the modern sci-fi classic, Looper, as well as Brick and The Brothers Bloom. He was also behind the camera for three episodes of the critically-acclaimed TV series Breaking Bad, including “Ozymandias,” which series creator Vince Gilligan named as the best installment of the show. Kathleen Kennedy and Ram Bergman, producer of Looper, Don Jon, Brick, and The Brothers Bloom, are on board to produce.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA