**************************************************************************************************


先月2月上旬に、ディズニー・マーベルとソニピが歴史的合意に至って、業務提携を結び、それぞれが製作する映画に同時に登場し、2社の間で共有されることになった新しいスパイダーマンの候補には、戦車アクション映画「フューリー」(2014年)で演技力を発揮したパーシー・ジャクソン23歳や、第2章の「ザ・スコーチ・トライアルズ」が9月18日から全米で公開される「ザ・メイズ・ランナー」シリーズのディラン・オブライエン23歳らの名前が噂にあがっていたほか、人種を変えて、アフリカ系や、ラテン系の俳優が起用されるのでは…?!といった憶測も伝えられていましたが、実際のソニー・マーベルの考えは、まったく違っていたらしいことが明らかになりました…!!




冒頭のように先月に業務提携が結ばれたばかりと言え、新しいスパイダーマンが来月4月から撮影が始まる「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」(2016年5月6日全米公開)には、もう参戦しなければならないスケジュールを踏まえると、早急にヒーロー役の俳優を見つけなければならないソニー・マーベルが、すでにオーディションを行ったことを、Badass Digest の映画ジャーナリスト、デヴィン・ファラチが、スッパ抜いてくれました…!!

通常であれば、B面で今月3月はじめに写真を紹介したケイト・アプトンのように、キャスティング・ディレクターのオフィスで行うか、あるいは当たり前の話として、映画スタジオで行うオーディションですが、そうではなくて、デヴィン・ファラチによれば、情報が漏れないように極秘裏に、とある個人のお家を使って、下 ↓ の写真のマテウス・ワードがスパイダーマンにふさわしいか、どうか?!、その力量を見極めるテストが行われたそうです…!!


前述のパーシー・ジャクソンや、ディラン・オブライエンといった、すでに人気スターと違って、テレビシリーズ「ホステージ」や、「マーダー・イン・ザ・ファースト」に出演しているとは、一般には、ほとんど無名のマテウス・ワードの名前を出したところで、はぁ…??となってしまい、あまり話題性のないことから、どうやら、デマではなく、かなり信ぴょう性が高いように思われるデヴィン・ファラチのレポートですが、果たして、マテウス・ワードが実際に起用されるか、どうか?!はさておいて、ソニー・マーベルが、まだ若干16歳の少年に目をつけたらしいことからして…、


新シリーズ「ザ・スペクタキュラー・スパイダーマン」は、高校を舞台にした学園モノ的なコミックヒーロー映画になるのでは…?!といった未確認の情報が裏づけられたように思われますね…!!

それにしても、16歳のスパイダーマン?!というのは、ちょっと若すぎるような第1印象をどうしても持ってしまいますが、最初に登場する「キャプテン・アメリカ : シビル・ウォー」では当然、クリス・エヴァンズキャップや、ロバート・ダウニー・Jr.アイアンマンがメインのヒーローとなり、スパイダーマンは恐らく、脇役的な立場のはずですから、若くて未熟な存在でも構わないでしょうし、また、ドリュー・ゴダード監督がメガホンをとるシリーズ第1弾「ザ・スペクタキュラー・スパイダーマン」(2017年7月28日全米公開)には、アイアンマンが応援参戦すると言われているので、スパイダーマンの単独主演作とは言い切れないかもしれません。なので、ロバート・ダウニー・Jr.の出すテストを受けるらしいスパイダーマンが親子のように歳が離れていて、生意気な息子?!みたいなほうが面白いかもしれませんし…、


さらにスパイダーマンが「アベンジャーズ: インフィニティ・ウォー Part Ⅰ」(2018年5月4日全米公開)と、続篇「Part Ⅱ」(2019年5月3日全米公開)に参戦することによって、主演シリーズが一旦、途切れる可能性を考慮すると、クモ男が本格的に単独で戦い始めるのは、5年後の2020年では…?!といった憶測もできそうです。よって、その5年後を見据えたキャスティングとして受けとめれば、けして、16歳のスパイダーマンというのも無理な考えではないように思われますが、CIAリーダーのみなさんは、ソニー・マーベルがまだ若干16歳のマテウス・ワードをオーディションしたことについて、どのような読みの考えをお持ちになられたでしょう…?!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA