**************************************************************************************************


現地オーストラリアで昨日の2月18日(水)から撮影がスタートした「パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン」シリーズの第5弾「デッドメン・テル・ノー・テイルズ」のプロデュースを、これまで通りに手がけるジェリー・ブラッカイマーが、自らの Twitter を通じて披露してくれた最初の1枚めの写真のセット・フォトです!!、ハビエル・バルデム(「007:スカイフォール」2012年)が起用された悪役のサラザールが魔の海域から逃げ出し、幽霊海賊たちを操っては、次々に海賊を葬る殺戮を始めたことから、ジョニデの海賊ジャック・スパロウがサラザールを倒す最後の頼りとなる海神ポセイドンの三つ又の槍を探すことになる「デッドメン・テル・ノー・テイルズ」のメガホンを託されたのは、上 ↑ の写真で、背中を見せてるヨアヒム・ローニングとエスペン・サンドベリの監督コンビ(「コン・ティキ」2012年)です!!、共演者として、「ザ・メイズ・ランナー」(2014年)のカヤ・スコデラリオが新ヒロインをつとめる「パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン5」は、再来年の2017年7月7日から全米公開の予定!!、続報をお楽しみに…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。


マーベルのテレビシリーズエージェント・カーターの映画並みに高クォリティなVFXを紹介したブレイクダウン・ビデオ!!





キャリー・マリガン主演でトマス・ハーディの古典文学を再映画化したリメイク遥か群衆を離れての予告編 !!



イギリスを代表する作家で、詩人のトマス・ハーディが、1874年に発表した同名小説を再映画化した新しい「遥か群衆を離れて」を、北米で5月1日から限定公開で封切るFOXサーチライト・ピクチャーズが予告編をリリースしたので、チラとご覧ください…!!、名匠ジョン・シュレシンジャー監督が、ジュリー・クリスティを起用して、1967年に発表した名作映画のリメイクと言える再映画化に、キャリー・マリガンと一緒に挑んだのは、デンマーク映画界のトマス・ヴィンターベア監督(「偽りなき者」2012年)。19世紀のヴィクトリア時代を舞台に大農園を相続し、当時としては珍しく、女だてらに経営に乗り出したヒロインのキャリー・マリガンに翻弄されてしまう3人の異なるタイプの男性は、マティアス・スーナールツ(「ラスト・アンド・ボーン」2012年)、トム・スターリッジ(「オン・ザ・ロード」2012年)、マイケル・シーン(「トワイライト・サーガ」)。共演者として、さらにジュノー・テンプル(「マレフィセント」2014年)も登場しています…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA