**************************************************************************************************


トム・クルーズとクリストファー・マッカリー監督としては、撮影の途中でも、シナリオをしつこく何度も何度も書き直し続けたタイムループのSFアクション「エッジ・オブ・トゥモロー」を、昨2014年公開映画のBEST1 にあげる人が少なくなかった成功の実績があるだけに、これで完璧と納得いくまで、また徹底的に自分たちを追いつめるようですね!!




当初の全米公開予定が年末のクリスマスだったことを思うと、何もかも仕方がないのかもしれませんが、それにしても今夏7月31日の全米公開まで、もう半年を切り、残すところ、あと5 ヵ月しかないのに、ブロックバスター映画のアクション大作が、予告編や、ポスターはおろか、写真の1枚すら公式にリリースしていない…というのは、ちょっと異常ですし、また、未だに撮影を続けていたことからしても、果たして、本当に封切り日までに映画が完成するのか…?!、かなり切羽詰まった状況であるはずの「ミッション: インポッシブル 5」が、この期に及んで、映画の締めのエンディングを変更するため、撮影を一時休止する決断を下したことを、THR のキム・マスタースがスッパ抜き、それが事実であることを、クリストファー・マッカリー監督が、下 ↓ の Tweet で公式に認めました…!!



当たり役のスーパースパイ、イーサン・ハントに扮するトム・クルーズと、クリストファー・マッカリー監督のみならず、キム・マスタースによれば、匿名の第三者まで物足りないと感じて、ダメを出したらしい現状のエンディングは、どのようなオチなのか?!、その不満の展開の詳細は伝えられていませんが、クリストファー・マッカリー監督はロンドンで行っていた撮影をひとまず、約1週間にわたって休止をし、その間に、とある脚本家の友人と一緒に、あらためて映画の結末を練り直すことにしたそうです…!!


冒頭のように、ダグ・リーマン監督がメガホンをとる傍らで、クリストファー・マッカリー監督が脚本家として、シナリオを書き直し続け、撮影途中に、やはり、エンディングまで変えてしまった「エッジ・オブ・トゥモロー」の製作の経緯や、ブラッド・ピット主演のゾンビ・アクション大作「ワールド・ウォーZ」(2013年)のクライマックスを大胆にすべて撮りなおすことで、大ヒットをモノにしたパラマウント映画の実績を踏まえれば、全米公開まで、5 ヵ月しかないのに、「ミッション: インポッシブル 5」の撮影を一時休止したのは、暗礁に乗り上げたのではなく、むしろ自信の余裕の表れ?!とも受け取れそうですが、いずれにしろ、妥協せずに可能な限り、映画を完璧にしようとするトム・クルーズとクリストファー・マッカリー監督の姿勢は称賛に値するように思われます…!!


それにしても、現状の脚本の結末にダメ出しをした第三者と、クリストファー・マッカリー監督と一緒に、新たに結末を考える謎の脚本家の友人は同一人物なのか…?!、それぞれの素性が、ちょっと気になりますね…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA