**************************************************************************************************


ボクシングの元世界ヘビー級チャンピオン、ロッキー・バルボアの誕生日は、1945年7月6日、つまり、1946年7月6日生まれのスタローン隊長よりも、1歳年上という設定ですから、もう70代目前の69歳ということになりますね…!!






シルベスター・スタローン隊長が「ロッキー・バルボア」(2006年)以来、約9年ぶりに当たり役のロッキーを演じる最新作「クリード」が、ロケ地のフィラデルフィアでは昨日の2月18日(水)に行った撮影のセット・フォトを、ComingSoon が紹介してくれました!!、「フルートヴェイル駅」(2013年)の高評価で一躍、注目された新人のライアン・クーグラー監督(↑ 写真)が、この日、どのような場面を撮影していたのか?!、その詳細は当然、わかりませんが…、


スタローン隊長のロッキーは亡き愛妻のエイドリアンの名前をつけたレストランを今もまだ営んでいたことがわかりましたね!!、果たして、そのイタリアン・レストランの店頭で、ロッキーは、かつてのライバルにして親友の故アポロ・クリード(カール・ウェザース)の孫、アドニスと何を話しているのか…?!、アドニスのボクシングの才能を見抜いたロッキーがトレーナーとして、自分のボクシングのすべてを親友の孫に託すことで、炎の友情に再び火をつける最新作「クリード」は、ワーナー・ブラザースの今秋の感謝祭興業の勝負映画として、11月25日から全米公開です!!


タイトルロールのアドニス・クリードに起用されたのは、前述の「フルートヴェイル駅」(2013年)でも、ライアン・クーグラー監督とコンビを組んだマイケル・B・ジョーダン!!(↑↓)、リメイク版「ザ・ファンタスティック・フォー」(8月7日全米公開)のヒーロー、ヒューマン・トーチですね…!!


さて、70歳目前の69歳の老いたロッキーの姿をご覧になって、CIAリーダーのみなさんは、どのような感想をお持ちになられたでしょう…?!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA