広 告
**************************************************************************************************


当初の予定通り、「ワイルド・スピード」シリーズで人気のポール・ウォーカーが主演をつとめることができていれば、もっと注目度も高かったのかもしれませんが、ご承知のように、それができない事情となってしまったため、テレビシリーズ「ホームランド」のルパート・フレンドが代役に起用されたリメイク映画「ヒットマン: エージェント47」の予告編を、製作・配給の20世紀FOXが初公開したので、ご覧ください…!!







ティモシー・オリファントを主人公のナンバリングされた暗殺者の役に起用して、2007年に封切った「ヒットマン」が、製作費の約2,400万ドルに対して、全世界のトータルで、1億ドル目前の約9,996万ドルを売り上げ、黒字を計上していることから、作り方次第では、アクション映画の大ヒット・シリーズにもなり得る可能性を見込んだらしい20世紀FOXが、あらためて、人気ゲームを再映画化してみた「ヒットマン: エージェント47」の予告編です…!!


遺伝子組み換えにより、無敵の殺し屋として誕生した名前のない男の活躍を描くリメイク映画のプロットは、そのエージェント47 は、どのようにして創られたのか?!、殺し屋の過去の秘密を明らかにして、より強力な殺人マシーンの軍団を作りだそうとする大企業のたくらみを阻むため、エージェント47 が自分の生みの親であるクリエイターを探し出そうとする…!!


…とのことで、キーラン・ハインズ(「ウーマン・イン・ブラック」2012年)が演じるクリエイターにたどり着くため、その娘のカティア=ハンナ・ウェア(「オールドボーイ」2013年)の助けを得ることになるそうですが、上 ↑ の初公開の予告編では、カティアを守ってるかのようなスポック=ザッカリー・クイントがヒーローで、47 は悪役のような印象ですね!!


さて、CMディレクターのアレクサンダー・バッハ監督にメガホンが託されたリメイク版「ヒットマン: エージェント47」は、前作以上のヒットをモノにすることができそうか…?!、CIAリーダーのみなさんは、リメイク映画の予告編をご覧になって、どのような感想をお持ちになられたでしょう…?!、共演者として、「アベンジャーズ: エイジ・オブ・ウルトロン」(5月1日全米公開)の悪役トーマス・クレッチマンも出演している「ヒットマン: エージェント47」は、今夏8月28日から全米公開です…!!

HITMAN: AGENT 47 centers on an elite assassin who was genetically engineered from conception to be the perfect killing machine, and is known only by the last two digits on the barcode tattooed on the back of his neck. He is the culmination of decades of research ­ and forty-six earlier Agent clones — endowing him with unprecedented strength, speed, stamina and intelligence. His latest target is a mega-corporation that plans to unlock the secret of Agent 47′s past to create an army of killers whose powers surpass even his own. Teaming up with a young woman who may hold the secret to overcoming their powerful and clandestine enemies, 47 confronts stunning revelations about his own origins and squares off in an epic battle with his deadliest foe.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...