広 告
**************************************************************************************************


もしも、ワーナー・ブラザースが約10年前に、この映画を最後まで、ジョス・ウィードン監督に作らせていたなら、コミックヒーロー映画市場におけるディズニー・マーベルとの立場は、現在とは、まったく正反対だったかも…?!などと、あり得たかもしれない別の映画史の流れを想像してみたくなってしまう、ジョス・ウィードン監督の幻の「ワンダーウーマン」のプロモーション・ポスターです…!!



ジョス・ウィードン監督に、DCコミックスを代表する戦うヒロインの映画化を依頼したワーナー・ブラザースが、その宣伝プロモーションのために、2005年にサンディエゴ・コミック・コンで配布したポスターが、ネット・オークションの eBay で、競りにかけられていたことを、Bleeding Cool が教えてくれました。今や、映画の人気を支える主軸の要と言って、おかしくないほど、大勢のファンから支持されているマーベル・シネマティック・ユニバースの全体を監修して…、


舵を取るゴッドファーザーとして、5月1日からコミックヒーロー大集合映画の続篇「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」を封切るジョス・ウィードン監督が、もしも、この「ワンダーウーマン」を完成して、DC・シネマティック・ユニバースを立ち上げていたならば…?!、CIAリーダーのコミックヒーロー映画ファンのみなさんは、ジョス・ウィードン監督の「ワンダーウーマン」は、どんな映画になっただろう…と想像されたでしょう…?!

by Adam Hughes
なお、「ワンダーウーマン」の映画化が実現しなかったのは、お決まりの創造性の違いと、製作費の折り合いがつかなかったからですが、ワーナー・ブラザースが新たにミシェル・マクラーレン監督(「ブレイキング・バッド」)を起用して、ガル・ガドット主演で製作する「ワンダーウーマン」(2017年6月23日全米公開)を観て、ジョス・ウィードン監督は、いずれ、どんな感想を述べるのか…?!、それも今から楽しみですね…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...