**************************************************************************************************


現地ロサンゼルスでは今日の1月13日(火)に、全米監督協会の会長のパリ・バークレー監督(「サンズ・オブ・アナーキー」)から、第67回 DGA賞の長編映画部門の候補者の監督たちの名前が発表されました…!!、先にお伝えしたPGA賞や、WGA賞と同様に、DGA賞を選ぶ投票者の会員たちは、おおむね同時に映画芸術科学アカデミーの会員でもあり、オスカーの最優秀監督賞を選ぶわけですから、この発表は実質的にオスカーの同賞の候補者発表と、ほぼ同じと言えることになります…!!、続きを読むのあとで、DGA賞にノミネートされた5名の監督たちの名前をご確認ください…!!



ウェス・アンダーソン 「ザ・グランド・ブダペスト・ホテル」(Fox Searchlight Pictures)

クリント・イーストウッド 「アメリカン・スナイパー」(Warner Bros. Pictures)

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 「バードマン」(Fox Searchlight Pictures)

リチャード・リンクレイター 「ボーイフッド」(IFC Films)

モルテン・ティルドゥム 「ジ・イミテーション・ゲーム」(The Weinstein Company)


第67回 DGA賞の長編映画部門の候補に選ばれた、上記の5名のうち、ウェス・アンダーソン監督、リチャード・リンクレイター監督、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の3名は、鉄板候補として、まず間違いなく、アカデミー賞の監督候補にもあげられ、オスカー像を奪い合うことになるかと思いますが、今回で4度めのノミネートとなるクリント・イーストウッド監督と、モルテン・ティルドゥム監督に関しては、ひょっとするとオスカーでは、「セルマ」の女流のエイバ・デュバーネイ監督と入れ替わってしまう可能性もありそうです。その理由としては、そもそも選ばれて当然であるほど、「セルマ」が高評価されているのに加えて、映画芸術科学アカデミーの会員たちが、女性の監督や、白人以外の人種の監督も候補にあげたいとバランスを考えた場合、黒人で女流のエイバ・デュバーネイ監督は打ってつけとなるからですが、果たして、DGA賞候補の5名の監督たちは、すんなりとオスカー候補に横滑りできるのか?!、第87回アカデミー賞の各賞候補の発表は、いよいよ明日の1月15日!!、そして、DGA賞の最優秀監督の発表は、来月2月7日(日)です…!!、栄えある賞の行方の結果をお楽しみに…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA