**************************************************************************************************

「アメリカン・スナイパー」が、巨額で首位を連覇 ! !
2億ドル超で、戦争映画史上第2位のヒットに躍進 ! !
ジェニファー・ロペス主演のセクシーなスリラー映画
「ザ・ボーイ・ネクスト・ドアー」は想定通りの第2位 ! !
ジョニデ主演「モーデカイ」と、ジョージ・ルーカスの
アニメ映画「ストレンジ・マジック」は笑えない沈没 ! !


*各数字は、週末成績-(公開館数/平均売上げ)-トータル成績。題名の後の()は概算の製作費です。
映画の鑑賞価値を推し測る参考の RT/MC の数値は、このBEST10にランクインした時点での値です。


第1位(1) 「アメリカン・スナイパー」(???ドル)
       $64,365,000-(3,705館/$17,372)-$200,137,000

第2位以下は続きを読むの後です…!!


クリント・イーストウッド監督が、アカデミー賞最優秀監督賞にノミネートされなかった理由 ? ! とも言われる、人形の赤ちゃんが登場した問題のお笑いシーンをネタにして、過去の映画とドラマの同様の致命的な失敗を紹介した ABC ニュースのレポート! !



上 ↑ のニュースでも伝えられたように、イーストウッド監督が、見るからに作りモノの赤ちゃん人形を使用したのは、予定していた赤ちゃんの出演者のうち、現場にやって来た子は熱があって、もうひとりの子は、そもそも撮影に来なかった…という、やむを得ない事情があったようですね。それにしても、この赤ちゃんシーンひとつで、映画そのものや、監督への評価が大きく値引きされてしまったは、まったく残念の映画史に残る不運?!だけに、こうしてニュースにまで取り上げられてしまうわけですが、CIAリーダーのみなさんは、この赤ちゃん人形の批判について、どのようなご意見をお持ちになられたでしょう…?!


なお、戦争をテーマにした映画で、これまでに最も全米でヒットしたのは、スピルバーグ監督の「セイビング・プライベート・ライアン」(1998年)が稼いだ約2億1,654万ドルです。通貨の価値の変化のインフレ率を抜きに、単に数字の比較で言えば、約1,654万ドルの差ですから、「アメリカン・スナイパー」が間もなく、トム・ハンクス主演作を抜いて、クリント・イーストウッド監督が戦争映画史上最大のヒット作を作った監督!!という勲章を得ることになります…!!

映画の格付けサイト Rotten Tomatoes での評論家の支持率 73 % に対し、観客の支持率は 88 %
レビューのとりまとめサイト Metacritic でのスコアは 73 /100ポイント

《関連記事》
Movie News & Tidbits : 150名以上を射殺した米軍史上最強の狙撃手の生涯を、名匠クリント・イーストウッド監督が映画化した「アメリカン・スナイパー」の新しいポスター、ディズニー・マーベルのヒーロー・アニメ「ビッグ・ヒーロー6」が、フレッドジラを紹介する本編クリップをリリース、映画の予告編の声の人が、いつもの語り口で、他人をいきなり、予告編風に実況し始めるドッキリのイタズラ、and more …!!(14.10.16)
American Sniper: 狙った標的は絶対致死!!、イラクで150名以上を射殺した米軍史上最強の狙撃手の短い生涯を、クリント・イーストウッド監督が、ブラッドレイ・クーパー主演で映画化した社会派の問題作「アメリカン・スナイパー」が息を呑む2分間の予告編とポスターを初公開!!(14.10.3)
American Sniper: ブラッドレイ・クーパーがプロデューサーとして、クリント・イーストウッド監督にメガホンを託し、イラクで150名以上を射殺した最強の狙撃手の短い生涯を自ら演じた社会派の問題作「アメリカン・スナイパー」の写真を初公開!!(14.10.2)





《 POINT 》 一般にオープニング成績の約3倍前後が、その映画の最終的な興行成績になる可能性が高い。興行成績の概ね半分が
映画館の取り分となる。よって、オープニング成績から試算したトータルの売り上げを2分の1にして、製作費と比較すれば、その映画の興行的成功の度合いをおおまかに測ることができる。








【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA