**************************************************************************************************


映画ファンの方には、ティム・バートン監督の「チャーリーとチョコレート工場」(2005年)や、ウェス・アンダーソン監督の「ファンタスティック・Mr.フォックス」(2009年)などの原作者として知られるイギリスの作家、故ロアルド・ダール著の同名児童文学を、スピルバーグ監督が映画化する最新作「The BFG」の主人公の少女、ソフィー役を演じる子役が、上 ↑ の写真のルビー・バーンヒルちゃんに決まりました…!!



ビッグで、フレンドリーで、ジャイアントなので、“ BFG ” の三文字に省略できる巨人の役を、「ブーリン家の姉妹」(2008年)では、姉妹の父ちゃんだったマーク・ライランスが演じるファンタジー映画「The BFG」の原作を、「オ・ヤサシ巨人BFG」の邦題で出版する評論社の紹介によれば…、
“ 夜、ソフィーは見た。8メートルもの巨人が、子ども部屋に細長いラッパのようなもので何かを吹きこんだのを…!!、そして、ソフィーはさらわれてしまった!!、さらった巨人の名は、オ・ヤサシ巨人BFG。連れていかれたのは、巨人国。恐ろしいことに、巨人たちは、ニンゲンマメ(人間)を好物にしていた。オ・ヤサシ巨人が子ども部屋に吹きこんだのは、何?!、果たして、ソフィーの運命は?! ”
…とのことで、イングランドのチェシャーで、両親と妹、それにネコのトムと一緒に暮らしているルビー・バーンヒルちゃんの起用を決めたスピルバーグ監督のコメントによれば…、

“ 長いオーディションの末、僕はロアルド・ダール自身がルビーを見つけたような気がしてるんだ!! ”
…だそうですから、どうやら、ルビー・バーンヒルちゃんとの出会いに運命的なものを感じたようですが、「The BFG」の映画化のシナリオを執筆したのは、スピルバーグ監督の代表作中の代表作である「E.T.」(1982年)の脚本家として知られるメリッサ・マシスンなので、ルビー・バーンヒルちゃんはひょっとすると、第2のドリュー・バリモア?!とでもいったことになるのかもしれませんね…!!

スティーヴン・スピルバーグ監督が、ロアルド・ダールの原作を映画化する「The BFG」は、新年2015年はじめにクランクインし、再来年2016年夏のディズニー映画の話題作として、7月1日から全米公開の予定です!!、スピルバーグ監督が、巨人国を実写で、どのように描くのか?!、期待しておきましょう…!!


LOS ANGELES, CA (DECEMBER 16, 2014) – DreamWorks Studios announced today that newcomer Ruby Barnhill has been cast as the young girl, Sophie, in Roald Dahl’s beloved classic story, “The BFG.” Steven Spielberg will direct the film adaptation of the children’s novel. Published in 1982, “The BFG” is the tale of a young London girl and the mysterious Giant who introduces her to the beauty and peril of Giant Country. Barnhill joins Mark Rylance who has been cast as the “Big Friendly Giant.”

“The BFG” will be 10-year-old Ruby Barnhill’s first feature film role. She has been acting for two years and will appear in the upcoming BBC BAFTA award-winning children’s drama “Four O’Clock Club.” Ruby lives in Cheshire with her parents, younger sister and Tom the cat and is a member of her local youth theatre.

“I feel incredibly lucky and I’m so happy,” said Ruby Barnhill. “Sophie gets to go on this wonderful adventure and I’m so excited that I get to play her.”

“After a lengthy search, I feel Roald Dahl himself would have found Ruby every bit as marvelous as we do,” said Steven Spielberg. “We have discovered a wonderful Sophie in Ruby Barnhill.”

Luke Kelly, Managing Director of the Roald Dahl Literary Estate and Roald Dahl’s grandson, said, “The character of Sophie is one of the most endearing young heroes in Roald Dahl’s stories. She is as brave as she is curious and has an innate sense of wonder. Many congratulations to Ruby on landing the role. We hope that making ‘The BFG’ proves an utterly magical adventure for her.”

DreamWorks acquired the rights to the book in 2010 after Kathleen Kennedy brought it to the company. Melissa Mathison, who last teamed with Spielberg and Kennedy on “E.T.,” has written the screenplay. Spielberg, Frank Marshall and Sam Mercer will produce while Kennedy, John Madden and Michael Siegel are on board as Executive Producers. Kristie Macosko Krieger and Adam Somner are Co-Producers.

Spielberg will begin production on “The BFG” in early 2015 and it will open in U.S. theaters on July 1, 2016. The Walt Disney Company is distributing the film in the U.S. and select international territories while Mister Smith Entertainment is handling distribution in Europe, Africa and the Middle East. DreamWorks’ partner, Reliance, will distribute the film in India.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA