**************************************************************************************************


現地のイギリス・ロンドンのテムズ川では今日の12月15日(月)に行われたばかりのロケに、シリーズ最新作「007: スペクター」としては初めて、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドに扮し、公けの場所に登場してくれました!!







イギリスのニュース・メディア、The Daily Mail が紹介してくれた、007シリーズ最新作「スペクター」としては初の公開ロケの様子を撮らえた、最も最初のセット・フォト&ビデオです…!!(via: Comingsoon



ダニエル・クレイグ主演シリーズの第2作め「クゥオンタム・オブ・ソレス」(2008年)以来、ボンドの上司、Mのアシスタントのビル・タナー役を演じているロリー・キニアと一緒に、007がボートで登場したシーンが、いったい、どういう展開なのか…?!は、もちろん不明ですが、下 ↓ の写真のように、俗に SIS ビルと言われているイギリス秘密情報部の本部の建物を背景にして、撮影が行われた様子からすると、ビル・タナーを通じて、M から緊急の呼び出しを受けたボンドが、MI6 の本部に出頭する…!!といった映画の序盤のシーンなのかもしれませんね…!!


大絶賛を集めた前作「スカイフォール」(2012年)から引き続き、サム・メンデス監督がメガホンをとる「スペクター」は、ボンドの地元イギリスでロケのあと、イタリアのローマ、メキシコシティ、モロッコのタンジェ、そして、オーストリアのゼルデン、オーバーティリアッハ、アルタウスゼー湖といった各地を撮影隊が訪れる予定なので、さらにダニエル・クレイグのボンドが本格的に活躍する様子が、かいま観られるセット・フォトや、ビデオに乞うご期待です…!!


ダニエル・クレイグ主演シリーズのレギュラー・キャストのレイフ・ファインズのM、ベン・ウィショーのQ、ナオミ・ハリスのイヴ・マネーペニーに加え、悪役のフランツ・オーバーハウザーに起用されたオスカー俳優、クリストフ・ヴォルツ(「ジャンゴ・アンチェインド」2012年)と、そのオーバーハウザーの右腕の殺し屋らしいヒンクス役に抜擢された元プロレスラーのデイブ・バティスタ(「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」2014年)、そして、レア・セドゥー(「ブルー・イズ・ザ・ウォームエスト・カラー」2013年)の悪女マデリン・スワンに、モニカ・ベルッチ(「マレーナ」2000年)のルチア・スキアラという、二人のボンドガールが登場する「007:スペクター」は、来年2015年10月23日にボンドの地元イギリスで世界先行公開の後、翌11月6日から全米封切り!!、007ニュースの続報をお楽しみに…!!








【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA