**************************************************************************************************


バットマン」シリーズの前日譚として、バットマンが登場しないテレビシリーズ「ゴッサム」を、FOX で放送し、成功をおさめたワーナー・ブラザースが、かねてより噂にあがっていたスーパーマンの登場しないプリクエールのテレビシリーズ「クリプトン」を、ケーブル・テレビの SyFy との共同で、現に企画開発を進めていることを、業界メディア THR のレスリー・ゴールドバーグが確認し、伝えてくれました…!!



上 ↑ のロゴの通りに、スーパーマンの故郷の惑星クリプトンを舞台とする新テレビシリーズについて、記事の見出しで、あえて、スーパーマン・ビギンズ「マン・オブ・スティール」(2013年)の…と書いたのは、同映画に引き続き…、


バットマン V スーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス」(2016年3月25日全米公開)のシナリオも執筆し、DC版のシネマティック・ユニバースの仕掛け人のひとりであるデヴィッド・S・ゴイヤーが、ドラマ化の企画開発のクリエイターを担当することから、恐らくはザック・スナイダー監督の映画で描かれたイメージなども参考にされるはずでは…?!といった憶測からですが、具体的なプロットとしては、スーパーマンの祖父にあたる立場の主人公が、惑星クリプトンに希望と平等とをもたらそうと努力する姿を追っていくことになるそうです…!!


映画の世界においては、ライバルのディズニー・マーベルに水をあけられているワーナー・DCですが、テレビでは前述の「ゴッサム」のほか、「アロー」や、「ザ・フラッシュ」などのヒット・シリーズを連続して放っているので、「クリプトン」にも大いに期待が持てそうかもしれませんが、ただし、現時点においてはパイロット版の製作に取りかかれるほど、プロジェクトが進展しているわけではありませんから、ひとまずは静観をした方がよさそうです。なお、「フラッシュフォワード」の脚本家、イアン・ゴールドバーグが、デヴィッド・S・ゴイヤーと共同で構想を進めていくそうです…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA