**************************************************************************************************


北米の日付けで、先週の木曜日(11月6日)ですから、ディズニー・ルーカスが「スター・ウォーズ : エピソード7」の本当のタイトルが、「スター・ウォーズ : ザ・フォース・アウェイクンズ」(2015年12月18日全世界同時公開)であることを発表し、公式サイトになる見込みの theforceawakens.com のドメインを登録した日ということになりますが、あわせて、strangemagicmovie.com といったドメインも、ディズニーは登録していました。その URL から推して、ひょっとすると、大ヒット・アニメ映画「フローズン」(2013年)のその後…として、アナとエルサの姉妹が再び活躍する「フローズン2」のタイトルが、「ストレンジ・マジック」なのでは…?!とのウワサが飛び交っていたのですが、実は本家のディズニーではなく、ルーカス・フィルムが「スター・ウォーズ7」のかたわら、まさに「ストレンジ・マジック」というアニメ映画を極秘裏に製作していたことが、同社の発表により、明らかとなりました…!!






ディズニー・ルーカスが、下記 ↓ のプレスリリースにそえて、初公開してくれたアニメ映画の最新作「ストレンジ・マジック」のイメージです…!!、同社の発表によれば、来年2015年1月23日全米公開だそうですから、その封切り日までに、実にもう、3ヵ月を切った直前の今日になるまで、このアニメ映画の存在を、外部の者は誰も知らなかったことになりますが、昨2013年6月に、Animation Magazine のインタビューに応じたブレンダ・チャップマン監督が、ルーカス・フィルムの代表のキャスリーン・ケネディから、アニメ映画のストーリーの内容を見直すコンサルティングを依頼されて、約半年間ほど、友人のゲイリー・ライドストローム監督と一緒に仕事をした…と語っていたので、どうやら、そのブレンダ・チャップマン監督が協力したアニメ映画が、この「ストレンジ・マジック」だったようです…!!


男尊女卑の社風で知られるディズニー・ピクサーから「ブレイブ」(2012年)のメガホンを取り上げられたブレンダ・チャップマン監督が、女性が代表のディズニー・ルーカスで、ストーリーのコンサルタントをつとめた「ストレンジ・マジック」の原案を考えたのは、名前のとおり、そもそもルーカス・フィルムを立ち上げたジョージ・ルーカスで、シェイクスピアの「真夏の夜の夢」を下敷きにした破天荒なフェアリー・テイルだと、下 ↓ のプレスリリースでは紹介されています。具体的には、おとぎ話によく出てくるゴブリンや、エルフ、また、妖精のキャラクターたちの秘薬をめぐる争奪戦が描かれるそうですが、しかし、物語の展開は、ミュージカルとして、過去60年間のヒット曲に乗せる格好で運ばれていくそうなので、そうした既存のヒット曲の歌詞の内容と、ストーリーとをマッチさせる作業に手こずり、ジョージ・ルーカスとキャスリーン・ケネディは、ブレンダ・チャップマン監督に助けを求めることになったのかもしれませんね…!!

前述のように、「トイ・ストーリー: ハワイアン・バケーション」(2011年)の監督であるほか、「スター・ウォーズ」の音響デザイナーとして、最新作の「ザ・フォース・アウェイクンズ」の製作にも携わっているゲイリー・ライドストロームにメガホンが託された「ストレンジ・マジック」の声の出演者は、「ザ・レスラー」(2008年)のエヴァン・レイチェル・ウッド、「X2」(2003年)のミュータント、ナイトクローラーのアラン・カミング、テレビシリーズ「プッシング・デイジーズ」のクリスティン・チェノウェス、「ヘンゼル&グレーテル: ウィッチ・ハンターズ」(2013年)のピーター・ストーメア、そして、先週末にディズニーが世界各国で封切り、大ヒットの「ビッグ・ヒーロー6」のマーヤ・ルドルフといったメンバーです…!!、全米公開まで、もう間がないので、「ストレンジ・マジック」の予告編は、すぐにやって来ますね!!、お楽しみに!!

“Strange Magic,” a new animated film from Lucasfilm Ltd., will be released by Touchstone Pictures on January 23, 2015. “Strange Magic” is a madcap fairy tale musical inspired by “A Midsummer Night’s Dream.” Popular songs from the past six decades help tell the tale of a colorful cast of goblins, elves, fairies and imps, and their hilarious misadventures sparked by the battle over a powerful potion. Lucasfilm Animation Singapore and Industrial Light & Magic, which created the CGI animation for 2011’s Academy Award®-winning film “Rango,” bring to life the fanciful forest turned upside down with world-class animation and visual effects.

With a story by George Lucas, “Strange Magic” is directed by Gary Rydstrom (“Toy Story Toons: Hawaiian Vacation,” “Lifted”), produced by Mark S. Miller (associate producer “Mars Attacks!”) and executive produced by George Lucas, with a screenplay by David Berenbaum (“Elf”), Irene Mecchi (“Brave,” “The Lion King”) and Rydstrom. An extraordinary roster of film, television and Broadway stars lend their voices to “Strange Magic,” including Alan Cumming (CBS’ “The Good Wife,” Broadway’s “Cabaret”), Evan Rachel Wood (“The Ides of March”), Kristin Chenoweth (Broadway’s “Wicked”), Maya Rudolph (“Big Hero 6,” “Bridesmaids”), Sam Palladio (ABC’s “Nashville”), newcomer Meredith Anne Bull, Alfred Molina (“Chocolat”), Elijah Kelley (“Hairspray,” “The Butler”), Bob Einstein (HBO’s “Curb Your Enthusiasm”) and Peter Stormare (“Fargo”). Well-known music producer Marius de Vries (“Moulin Rouge”) serves as both the musical director and composer.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA