**************************************************************************************************


製作費が約1,700万ドルの小品であれば、映画館の興業で、6,500万ドル超を売り上げただけでも、大したヒットで、存分に利益が出ているはずですが、ユニバーサル映画の製作部門によれば、Blu-ray / DVD のセールスが、さらに興業を2回やったのに匹敵するほど、バカ売れしたウハウハだったそうですから、つまり、北米だけで約1億9,500万ドルと、2億ドルに近い巨額を、どうやら、ベラズは稼いでいたことになりますが…、しかし、さらに彼女たちが諸外国でも観客に愛されたことを踏まえると、似たような二次市場の好況が同時に海外でも起きていた場合、全世界での興行成績の総額は約1億1,304万ドルでしたから、ひょっとすると、仕掛け人のプロデューサーをつとめたエリザベス・バンクスは、その3倍の約3億3,912万ドルを稼ぐメガヒットをモノにしていたのかもしれません…?!








冒頭のように、小品なので、特に期待されていた映画ではありませんでしたが、2012年9月末に全米で封切られるや、瞬く間に人気を集めて、大ヒットを記録し、その話題が諸外国に拡がって、ちょっとしたブームになったことから、まさに世界が待ち望んでいた?!と冗談半分に言えそうな歌うコメディ映画の続篇「ピッチ・パーフェクト 2」が、ついに初公開した予告編です…!!

前作のメガヒットを叩き出したプロデューサーの立場から、続篇では、さらに一歩、踏み込んで、自らメガホンを握ることにしたエリザベス・バンクスは…、

“ 自分で監督をすると決めたのは、これまでに私が考えたことの中で、最もバカげた思いつきだったと思う…!!、だって、初監督の映画が、れっきとしたメジャー・スタジオの作品で、誰もが期待を寄せているばかりか、しかも、ミュージカルだなんて…!!、私はいったい、何を考えていたの?? ”

…と、エンタテインメント・ウィークリーの取材に応じて、語っていますが、上 ↑ の初公開の予告編を観るかぎりにおいては、「ザ・ハンガー・ゲームズ」シリーズで演じている役のエフィーと同様に、場を演出する才能があったように観受けられるので、ジェイソン・ムーア監督からメガホンを引き継いだのは、ひとまず、バカげた思いつきではなかったように評価することができそうです。しかしながら、前作では、全米大会のアカペラ・コンテストだったのが…、


今度は世界大会に挑戦!!と、続篇で規模が大きくなっているのは、お決まりのシリーズ展開のように思われますから、そのミュージカル映画としての本筋もさることながら、アナ・ケンドリック演じる主人公のベッカが大学卒業後の進路をどうするのか…?!といった現実に直面していく青春映画としての側面の描き方においてこそ、新人監督のエリザベス・バンクスのセンスと手腕が問われることになるのかもしれませんね…!!


記事の見出しのように、強力な助っ人?!として、テイラー・スウィフトの妹分のヘイリー・スタインフェルドちゃんが、ベラズに加わってくれたほか、前作から引き続き、レベル・ウィルソン、ブリタニー・スノウらが歌声を聴かせてくれる「ピッチ・パーフェクト 2」は、来年2015年夏のユニバーサル映画の勝負作品として、5月15日から全米大合唱!!、同日公開のライバル映画が、トム・ハーディ主演の「マッドマックス : フューリーロード」なので、エリザベス・バンクス監督はデビューでいきなり、強敵を迎えることになりますが、もし、スクリーンの数が同等だった場合、ベラズの女子たちがマッドマックスを袋叩きにして、興業ランキング初登場第1位の栄冠を新人監督に授けてくれる可能性は充分にありそうですね…!!


The Barden Bellas are back in Pitch Perfect 2, the follow-up to summer 2012’s smash hit. The comedy is helmed by Elizabeth Banks, co-star and producer of Pitch Perfect, and produced by Paul Brooks, Max Handelman and Banks. Writer Kay Cannon returns to the team to pen the next chapter.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA