**************************************************************************************************


一般的な35㎜の映画フィルムの面積は、約408.27平方ミリメートルなので、ニューヨークのリンカーン・ スクウェア・シアターで、「インターステラー」を観るのに、15ドルの観賞料金を支払った場合、観客は約27.22平方ミリメートルに対して、1ドルを支払ったことになりますが、それに対して、最初に支払う鑑賞料金こそ、6ドルも高い21ドルですが、IMAX の70㎜フィルムの面積は約3,395平方ミリメートルと、桁違いに大きいことから、1ドルあたりに置き換えた画面の面積は約161.74平方ミリメートルになるため、観客は1ドルあたりで鑑賞できる面積が約6倍も大きくて、大変に得をしたことになるので、少々高くても、IMAX で観た方が、お金をより有効に使ったことになります…!!というのは、もちろん、アイマックス社の主張なんですが、ご納得いただけましたでしょうか?!、 何だか、ちょっと煙に巻かれたような気がしないでもありませんが…、6倍も得か、どうか?!はさておき、「インターステラー」は IMAX シアターで観たほうが、映画本来の迫力を堪能できそうなことは、間違いないですね…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。


アベンジャーズ : エイジ・オブ・ウルトロンなんて大したことないという、アイツらが乗っ取ったファンメイドの予告編!!









【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA