**************************************************************************************************


ザ・ダークナイト」トリロジーのクリスチャン・ベールが、旧訳聖書に登場した預言者のモーセを演じるスペクタクル超大作「エクソダス : ゴッズ・アンド・キングス」を、今年末12月12日から全米で公開するリドリー・スコット監督が、あの映画史上の孤高の天才スタンリー・キューブリック監督の後を引き継ぐような大役をつとめることになりました…!!




「エイリアン」(1979年)と「ブレードランナー」(1982年)とで、SF映画の流れを変えたと言われる金字塔を打ち立てたリドリー・スコット監督が、その本来は得意とする SF のジャンルに舞い戻り、スタンリー・キューブリック監督の映画史上の大傑作「2001年宇宙の旅」(1968年)の原作小説シリーズの完結編「3001年終局への旅」を、テレビドラマのミニシリーズ化するプロジェクトの製作総指揮を執る運びになったことを、以下 ↓ のように、NBCユニバーサル傘下の Syfy がプレスリリースを通じて、発表しました…!!

SF小説の大家の故アーサー・C・クラークが、代表作の宇宙の旅シリーズの完結編として、1997年に発表した「3001年終局への旅」の邦訳本を出版する早川書房の紹介によれば…、


“ 3001年、海王星の軌道付近で奇妙な漂流物が発見された。それこそ、一千年前に宇宙船ディスカバリー号から放擲された副長フランク・プールその人であった!!、やがて、蘇生されたフランクが目にする驚くべきものとは…?! ”
…とのことで、スタンリー・キューブリック監督の映画では、ゲイリー・ロックウッドが演じたフランク・プールが、冷凍睡眠のような状態で発見されて、覚醒した後、木星の衛星エウロパにおいて、驚くべきものとして、あの黒い不思議なオブジェのモノリス(↓ 写真)に憑りつかれたボーマン船長に加えて、コンピューターの HAL 9000 とも再会を果たすことになるそうです…!!


2001年宇宙の旅2014年リバイバル上映版の新しい予告編




そうした「2001年宇宙の旅」のその後…、と言うか、厳密にはピーター・ハイアムズ監督がメガホンをとった「2010年」(1984年)のその後…になるわけですが…、のドラマ化のシナリオを執筆するのは、ジョニー・デップ主演の「パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン」シリーズの第1弾(2003年)のほか、トム・クルーズ主演作「コラテラル」(2004年)、また、「G.I.ジョー: ザ・ライズ・オブ・コブラ」(2009年)などを手がけた脚本家のスチュアート・ビーティーだそうですから、すなわち、「アイ、フランケンシュタイン」(2014年)の監督ですね…!!、よって、キューブリック監督の深淵なSF映画のトーンよりかは、気楽に観られるベタなSFスリラーのミニシリーズに仕上がりそうな予感がしないでもありませんが、ディスカバリー号の舵を託されたリドリー・スコット監督が、どのようなドラマ化の方向性を模索するのか…?!、また、自分自身でメガホンをとるつもりはあるのか…?!、ひとまずは、スタンリー・キューブリック監督の「2001年宇宙の旅」の結末を、「ブレードランナー」の監督がプロデュースしてくれることに期待をしておきましょう…!!


RIDLEY SCOTT, SCOTT FREE TO EXECUTIVE PRODUCE; STUART BEATTIE TO WRITE AND EXECUTIVE PRODUCE

NEW YORK—November 3, 2014—Syfy announced today that it is working with Scott Free Productions and Warner Horizon Television to adapt the Arthur C. Clarke novel 3001: The Final Odyssey into a miniseries. Stuart Beattie (Pirates of the Caribbean, Collateral) will write the adaptation and serve as executive producer along with Scott Free’s Ridley Scott and David W. Zucker. Clayton Krueger will serve as co-executive producer.

An epic story of a man lost in time, Arthur C. Clarke’s final “Odyssey” book resolves the tale that was begun in 2001: A Space Odyssey. Beginning with the discovery of Frank Poole’s frozen body, floating in space, 3001: The Final Odyssey offers an extraordinary range of complex characters with conflicting agendas, stunning visuals, and dark thematic meditations on the final fate of all Humankind.

Arthur C. Clarke’s “Odyssey” series spanned over 30 years, with the initial publication of “2001” in 1968, and the final “3001” 1997. The original film, directed by Stanley Kubrick, is an Academy Award winning classic, and “2010” was the only other of the novels to be filmed. The estates of both Kubrick and Clarke have offered their full support for “3001: The Final Odyssey.”

“I have always been a fan of Clarke’s extraordinary ‘Odyssey’ series, and certainly Kubrick’s adaptation of 2001. I am thrilled to be part of bringing that legacy to audiences and continuing the great cinematic tradition that this story and its creators deserve,” said Ridley Scott.

“Arthur C. Clarke is the father of modern science fiction,” said Syfy President Dave Howe. “We couldn’t be more excited to be working with Scott Free and Warner Horizon Television to bring to the screen, for the very first time, the final chapter of this extraordinary masterpiece.”

The announcement comes on the heels of Syfy announcing the greenlight of another Arthur C. Classic novel, Childhood’s End, which begins production later this year.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA