**************************************************************************************************


ウディ・ハレルソンが、まだ、トゥインキーを食べたりない…!!、もっと食わせろ…!!と、続篇への出演を承諾してくれるとよいのですが…ッ!!



ジェシー・アイゼンバーグが演じる屁タレのコロンバスと、ウディ・ハレルソンのゾンビ・スレイヤーのタラハシー、そして、その二人を手玉にとるエマのウィチタと、アビゲイル・ブレスリンちゃんのリトルロックの姉妹という魅力的なアンサンブル・キャストの主人公たちが、ゾンビ感染で終末世界と化したアメリカを旅したホラー・コメディ映画「ゾンビランド」の続篇の企画に再び、火がついたことを、業界メディア Deadline のマイク・フレミングが独占ニュースで伝えてくれました…!!


ルーベン・フライシャー監督が、脚本家コンビのレット・リースとポール・ワーニックのオリジナル・シナリオを映画化した「ゾンビランド」は、2009年秋の公開で、製作費の約2,360万ドルに対して、全世界で1億239万ドルを売り上げる
充分なヒットになったのに加えて、前述の主人公たちが観客に愛されたことから、続編製作に向けての期待が盛り上がり、脚本の執筆も進められましたが、第2弾として、実際に映画化するに値するだけのストーリーには仕上がらないまま、いつの間にか、「ゾンビランド2」の話題は立ち消えになってしまいました…。

そして、昨2013年には、そのように映画の続篇のプロジェクトが進まないこともあり、ならば…とばかりに?!、Amazon が「ゾンビランド」に目をつけ、テレビシリーズ化に向けて、無名キャストを起用し、パイロット版(写真 →)を製作したものの、絶不評を買って、即座にゾンビが死んでしまったのを覚えているファンの方も多いと思います。

…といった次第で、意外に難産の「ゾンビランド」の続篇のあらためての製作に向けて、ソニピが、どのような展望を目論んでいるのか?!、現時点では何とも言えませんが、新たに起用された脚本家が、スタローン隊長の男祭り映画シリーズの第1弾「エクスペンダブルズ」(2010年)を執筆したほか、今夏のモンスター・ヒット作「ゴジラ」の原案の構想を練り、エドガー・ライト監督が電撃降板したマーベルのコミックヒーロー映画「アントマン」(2015年7月17日全米公開)のシナリオを至急にリライトしたデイヴ・カラーハンだそうですから、それらの秀でた実績を頼りとして、「ゾンビランド」のその後…の展開に、何か、よいアイディアを出してくれるのでは…?!と、ひとまず、望みを託そうとしたように思えなくもないですね。


なお、だからと言って、「ゾンビランド2」の脚本は、デイヴ・カラーハンが単独で執筆するのではなく、ルーベン・フライシャー監督が続篇も引き続き、メガホンをとることを前提に監修をすることになるそうです。ただし、何せ、これからシナリオを書くだけに、ソニピとの間で、監督契約などは正式に交わしていないそうですから、もしかすると、ルーベン・フライシャー監督は製作総指揮をつとめ、現場のメガホンは他の誰かに…といった可能性もあり得そうです。

また、キャストについても、主演のエマに、ジェシー・アイゼンバーグ、ウディ・ハレルソン、アビゲイル・ブレスリンちゃんらが再び、それぞれの役を演じてくれるのか…?!、今のところ、まったく未定ですが、ご承知のように、エマは「アメイジング・スパイダーマン」シリーズで、世界的な大ヒットを果たしたほか、ウディ・ハレルソンもメガヒット・シリーズの「ザ・ハンガー・ゲームズ」のレギュラー・キャストですし、ジェシー・アイゼンバーグは、コミックヒーロー映画の超話題作「バットマン V スーパーマン: ドーン・オブ・ジャスティス」(2016年3月25日全米公開)で、悪役のレックス・ルーサーを演じることに…!!と、5年前とは状況が変わり、それぞれの出演料が高騰していますから、オリジナル・キャストを再び全員、集めた場合、第1弾のような安価の製作費では、もはや、まかないきれない可能性が高くなります。それに、アビゲイル・ブレスリンちゃんにしても、アーノルド・シュワルツェネッガーとの共演で、ゾンビ映画の最新作「マギー」(公開未定)を完成していますから、さらにまたまた、ゾンビ映画に出たいか?!は、ちょっと疑問ですね。


よって、オリジナル・キャストが揃っての続篇実現に楽観的な見通しはできないのかもしれませんが、いずれにしろ、デイヴ・カラーハンがどのような「ゾンビランド2」のシナリオを書き上げるのか…?!、今後の進展を見守って、続報に期待をしておきましょう…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA