**************************************************************************************************


シャイア・ラブーフが主演したリメイク版「裏窓」?!の「ディスタービア」(2007年)で知られるD・J・カルーソー監督がメガホンをとる最新主演作「ザ・ディスアポイントメンツ・ルーム」の役作りとして、従来の美しいブルネットの髪をブロンドに染めたケイト・ベッキンセールが初登場したセット・フォトです…!!



ノースカロライナ州のグリーンズボロで撮影が行われている「ザ・ディスアポイントメンツ・ルーム」は、テレビシリーズ「プリズン・ブレイク」のIQ200の脱獄の天才マイケル・スコフィールドこと、ウェントワース・ミラーが実話をもとに執筆したサイコ・スリラーのゴースト・ストーリーだそうで、具体的な内容のプロットしては、ケイト・ベッキンセールが演じる主人公のダナと夫のデヴィッドは、閑静な田舎の古い邸宅を、自分たちの念願のマイホームとして買い求め、理想の新生活を始めるべく、5歳の息子を連れて、移り住むのですが…、


…といった発端から、夫婦は自分たちの住まいの屋根裏に、実は秘密の隠された部屋があることを発見する!!、そして、思いがけない出来事の連続から、遠い過去に失われてしまった秘密の部屋の鍵を手に入れたケイト・ベッキンセールのダナが、その封印された扉を開いてしまったことから、邸宅に秘められた恐ろしい過去が解き放たれることになるが、その恐怖こそは彼女自身の過去にもつながっていた…!!


…とのことで、ゴースト・ストーリーと言っても、どうやら、悪霊の類いが襲ってくるわけではなく、スタンリー・キューブリック監督が、スティーヴン・キングの原作を映画化した傑作ホラー「ザ・シャイニング」(1980年)に相通ずる作品だそうですから、ホラーというよりは、やはり、サイコ・スリラーに近い趣きの映画を目指しているようですね!!


共演者として、「インフォーマーズ」(2008年)のメル・レイドが夫のデヴィッドを演じているほか、「X-MEN」シリーズのハヴォックこと、ルーカス・ティルが参加している「ザ・ディスアポイントメンツ・ルーム」は、レラティヴィティ・メディアの製作・配給により、来年2015年9月25日から全米公開の予定です…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA