**************************************************************************************************


先月9月半ばにお伝えしたように、撮影開始のクランクインの日取りが、今年末12月6日に定められた007シリーズ最新作の「ボンド24」ですから、ダニエル・クレイグと対決する悪役は、誰が起用されるのか…?!をはじめ、注目のボンドガールには、いったい、誰が登場するのか…?!など、そろそろ、具体的な続報が聞かれてもよい頃かと思っていましたが、その男性ファンのお楽しみのボンドガールには、ウワサにあがっていたフランス映画界の人気女優 レア・セドゥーが、晴れて正式に決定したことが、007の本国イギリスで伝えられました…!!



今夏8月はじめに、映画評論家コンビのクリスチャン・ハーロフとマーク・エリスの独占スクープにもとづいて、お伝えした、「ブルー・イズ・ザ・ウォームエスト・カラー」(2013年)のレア・セドゥーが「ボンド24」に参戦する可能性は、大変に多くの映画ファンから厚い支持こそ得られたものの、ライバルのスパイ映画シリーズ「ミッション:インポッシブル-ゴースト・プロトコル」(2011年)が、すでにレア・セドゥーを起用していることや、実質的に 007シリーズの公式サイトのようになっているファン・サイト MI6 が、ボンドガールは、やはり、007の地元のイギリスの女優が起用される見込み…と伝えたことで、フランス人のレア・セドゥーの登場は、残念ながら消滅したものと思われていました…。


しかしながら、現地イギリスでは、ちょっと前まで今日の10月9日付けで、Daily Mail が伝えてくれた最新情報によれば、レア・セドゥーの「ボンド24」の出演が正式に決定し、出演契約まで、すでに終えてしまったそうです…!!

その映画ファンの夢が叶ったレア・セドゥーのボンドガールについて、どのような設定の役どころなのか…?!など、キャラクターの詳細は伝えられていませんが、とりあえず、レア・セドゥーには、お似合いかもしれない悪女の役だそうなので、かねてより、「ボンド24」のボンドガールは、「ダイ・アナザー・デイ」(2002年)で、ロザムンド・パイクが演じたミランダ・フロストに相当するような二重スパイである可能性が伝えられていたことを踏まえると、レア・セドゥーのボンドガールが、ダニエル・クレイグのボンドを信頼させて、その気にしておきながら?!、非情にも裏切る展開が、シリーズ最新作の物語のドラマチックな見どころのひとつになるのかもしれません…?!


007シリーズ最新作「ボンド24」の新ボンドガール、レア・セドゥーは、これから衣装や髪型、メイクなど、悪女の役にそったイメージ作りを、サム・メンデス監督と思案するカメラテストを経て、来月11月後半に、主役のジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグをはじめ、前作「スカイフォール」(2012年)から引き続き、登場するレイフ・ファインズのほか、ボンドにおなじみの秘密兵器を授ける “ Q ” のベン・ウィショー、ミス・マネーペニーのナオミ・ハリスらと合流して、シナリオを読み合わせるリハーサルを開始するスケジュールだそうです…!!

大絶賛を博した「スカイフォール」のサム・メンデス監督が再びメガホンをとる最新作「ボンド24」は、来年2015年11月6日から全米公開!!、007 ニュースの続報をお楽しみに…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA