**************************************************************************************************


ワーナー・ブラザースが、アップルストアの元店員のアイディアを利用して、「地球最後の男」を新たに復活させることになりました…!!



ジェン主演のシリーズ最新作「ザ・ハンガー・ゲームズ: モッキングジェイ‐Part 1」が、来月11月21日から全米で封切られるフランシス・ローレンス監督が、ウィル・スミスを主演に迎えて、リチャード・マシスン著のSF小説「地球最後の男」を再映画化した「アイ・アム・レジェンド」が、2007年の公開で、製作費の約1億5,000万ドルに対し、世界各国のトータルで約5億8,534万ドルを売り上げるヒットになったことから、続編を製作したいワーナー・ブラザースが、いよいよ新作の企画に着手するつもりであることを、業界メディア Deadline のマイク・フレミングが伝えてくれました!!


ただし、ウィル・スミスが続編には出演したくないらしいことから、新作映画の企画は、アップルストアで働いていた新人脚本家のゲイリー・グラハムが独自に執筆したSF映画のシナリオ「ア・ガーデン・アット・ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド」の内容を改めて、物語の舞台背景の設定を、「アイ・アム・レジェンド」の世界観に置き換えるそうです。


アイ・アム・レジェンド予告編



よって、「新・アイ・アム・レジェンド」?!、それとも「アイ・アム・レジェンド2」?!は、もはや、リチャード・マシスンの原作とは無関係なうえ、ウィル・スミスも出演しないので、誰が、どう “ レジェンド ” なのか…?!、よくわかりませんが、ゲイリー・グラハムが執筆したオリジナル・シナリオは、ジョン・フォード監督とジョン・ウェインがコンビを組んだ古典西部劇「捜索者」(1956年)のSF版と言える内容だそうですから、何者かによって拉致された大切な人を救出するために、主人公が相棒を伴って、捜索に旅立ち、人質奪還の戦いを挑むことになる展開かもしれませんね…!!、新しい「アイ・アム・レジェンド」のプロジェクトが今後、どのように進展するのか?!、楽しみにしておきましょう!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA