**************************************************************************************************


「ビフォア・ミッドナイト」(2013年)や、「ボーイフッド」(2014年)といったリチャード・リンクレイター監督とコンビを組んだ良質のドラマ映画に出演する一方、「デイブレイカーズ」(2009年)や、「シニスター」(2012年)などのジャンル系映画でも活躍しているイーサン・ホークが、すでに後任として、出演契約まで済ませた…!!と報じた映画サイトなどもありますが、それはまったく事実無根のデマで、イーサン・ホークは現時点では、マーベルの視野には入っていないようです。



コミックヒーロー映画「ドクター・ストレンジ」に主演して、魔術をあやつるヒーローに変身することを、今夏7月末にディズニー・マーベルから依頼されたホアキン・フェニックスが、その申し出を断り、キャスティングがイチからやり直しのふりだしに戻ってしまったことを、業界メディア Deadline のマイク・フレミングがレポートしてくれました…!!
ホアキン・フェニックスがどうして、ドクター・ストレンジ役を辞退したのか…?!、その明確な理由は明らかに…


されていませんが、ホアキン・フェニックスはそもそも、今週火曜日(9月30日)に初公開の予告編をご覧いただいた、ポール・トーマス・アンダーソン監督の最新作「インヘアラント・ヴァイス」(北米12月12日限定公開)のように、少し風変わりの作品で、個性的な人物を演じることに挑戦したい演技派ですから、マーベルのコミックヒーロー映画とは、ハナから水が合っていないように思われていましたし、ホアキン・フェニックスが「アベンジャーズ」のヒーロー戦隊に加わって、キャプテン・アメリカや、ハルクと一緒に戦っている姿を想像できない…といった映画ファンの方も少なくなかったかと思います。

なので、「バットマン V スーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス」(2016年5月6日全米公開)の悪役レックス・ルーサー役を断わったホアキン・フェニックスが、「ドクター・ストレンジ」も辞退するであろうことは、ある程度、予想ができていたので、特に驚きでもないわけですが…、果たして、第1候補を失ったディズニー・マーベルは、新ヒーローのドクター・ストレンジ役に誰をかつぎ出してくるのか…?!、今のところ、後任の候補としては、「マッドマックス:フューリーロード」のトム・ハーディ(2015年5月15日全米暴走)、「ダラス・バイヤーズクラブ」(2013年)の演技で、オスカーの最優秀助演男優賞に選ばれたジャレッド・レト、そして、名探偵のベネディクト・カンバーバッチらの名前が、リストにあがっているそうです…!!


「デリバー・アス・フロム・イーブル」(2014年)のスコット・デリクソン監督にメガホンが託された「ドクター・ストレンジ」は、来年2015年5月にイギリスでクランクインの予定だけに、ディズニー・マーベルは焦って、至急に代役を決めることはないかと思いますが、CIAリーダーのみなさんは、いったい、誰がホアキン・フェニックスに代わって、魔術をあやつることになると予想されるでしょう…?!、ディズニー・マーベルの新しいコミックヒーロー映画「ドクター・ストレンジ」は、再来年2016年7月8日から全米公開の予定です…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA