**************************************************************************************************


現地カリフォルニア州バーバンクでは本日の10月15日(水)に、映画スタジオのワーナー・ブラザースや、DCコミックスなどを傘下に抱えるタイム・ワーナーが、投資家を集めて行った会合の席で、これから製作する予定の映画の数々をプレゼンし、それらの概要を同社が以下のプレスリリースにまとめて、発表してくれました…!!、今春の大ヒット作「The Lego Movie」をシリーズ化して、さらに3本の映画を製作するつもりであるほか、「ハリー・ポッター」シリーズのスピンオフ映画「幻の動物とその生息地」を単独の作品ではなく、トリロジーの3部作に拡大する案に加えて、いま現在、最も人気のジャンルであるコミックヒーロー映画を計11本も製作するそうです…!!、プレスリリースとは別に、追って発表された全米公開日の封切りスケジュールとあわせ、続きを読むのあとで、これから、いよいよ本格化していくワーナー・DC版のシネマティック・ユニバースの全貌をご確認ください…!!




昨2013年に公開されたスーパーマン・ビギンズ「マン・オブ・スティール」をふりだしとして、再来年2016年3月25日全米公開の「バットマン V スーパーマン : ドーン・オブ・ジャスティス」で弾みをつけることで、本格化させる構想が練られているらしいワーナー・DC版のコミックヒーロー映画シリーズ=DC・シネマティック・ユニバースのラインナップとしては、下記の9本のほか、ベン・アフレック監督が新ダークナイトとして単独主演する新しいバットマン映画に加えて、ヘンリー・カヴィルスーパーマンの冒険もまた、単独の映画で作られるそうなので、あわせて計11本ということになります…!!、なお、新しい「バットマン」と「マン・オブ・スティール 2」?!については、具体的な全米公開日は定められておらず、今後の進展によって、タイミングを見計らっていくことになるようです…!!


2016年8月5日全米公開 デヴィッド・エアー監督の「スーサイド・ スクワッド

ブラッド・ピット主演の戦車アクション映画「フューリー」が、今週末の10月17日から全米で封切られるデヴィッド・エアー監督が、先月9月末に候補として名前があがった後、正式に起用されたことが発表されました…!!

《関連記事》
Suicide Squad:DCコミックスの悪役がチームを組んで、命がけのミッションに挑むアンチ・ヒーロー映画「スーサイド・スクワッド」の監督候補に、戦車アクション映画「フューリー」のデヴィッド・エアー監督が急浮上!!(14.9.20)


2017年6月23日全米公開 ガル・ガドット主演「ワンダーウーマン

ガル・ガドットが戦うヒロインに扮して、単独主演する「ワンダーウーマン」の製作も決定しましたが、おとついの火曜日(10月14日)に、下 ↓ の関連記事でお伝えしたように、新しいワンダーウーマンは神の娘であることが明らかにされましたから、もしかすると、ライバルのディズニー・マーベルの「ソー」シリーズに相当する作品?!として、神々の王国が舞台になるのかも…?!

《関連記事》
Batman v Superman:ザック・スナイダー監督の超話題作「バットマン V スーパーマン: ドーン・オブ・ジャスティス」で、ガル・ガドットが演じるワンダーウーマンは半神半人のデミゴッドの存在と、プロデューサーのチャールズ・ローヴェンが発言!!(14.10.14)


2017年11月17日全米公開 ザック・スナイダー監督の「ジャスティス・リーグ Part.1

かねてより公然の事実となっていたことですが、ザック・スナイダー監督が、DCコミックスのヒーロー大集合映画「ジャスティス・リーグ」を1本どころか、2019年公開の2本めも連続して、メガホンをとることが正式に発表されたことを踏まえると、同監督がDCコミックス版のシネマティック・ユニバースの舵取り役として、全体を監修し、本日発表された全てのコミックヒーロー映画に関わっていくのは、ほぼ間違いなさそうですね…!!、なお、DC版コミックヒーロー大集合映画のキャストとして、ベン・アフレック監督の新ダークナイト、ヘンリー・カヴィルのマン・オブ・スティール、そして、スーパーマンの恋人のヒロイン、プリンセス・エイミー・アダムスの出演決定が明らかにされています…!!


2018年3月23日全米公開 エズラ・ミラー主演「ザ・フラッシュ

全米で先週の火曜日(10月7日)から放送が始まったテレビシリーズでは、グラント・ガスティン(「glee」)が演じている超高速ヒーローを、映画版では、「少年は残酷な弓を射る」(2011年)のエズラ・ミラーが大抜擢を受け、コミックヒーロー映画のバトルに参戦することが決定しました…!!


2018年7月27日全米公開 ジェイソン・モモア主演「アクアマン

「バットマン V スーパーマン: ドーン・オブ・ジャスティス」で、初登場するジェイソン・モモアの海底人のヒーローも、単独主演作の製作が決定です…!!、恐らくは海底の王国が舞台の作品になるのではないでしょうか…?!

《関連記事》
Batman v Superman : ザック・スナイダー監督のバットマンとスーパーマンとワンダーウーマンとサイボーグが登場するコミックヒーロー映画「バットマン V スーパーマン: ドーン・オブ・ジャスティス」に、ジェイソン・モモアのアクアマンが参戦し、5大ヒーロー揃い踏みになることが正式に決定!!と報じられた!!(14.6.15)


2019年4月5日全米公開 ドウェイン・ジョンソン出演「シャザム

ワイルド・スピード」シリーズのほか、全米で今夏、封切られた「ハーキュリーズ」が意外に好評を博したドウェイン・ジョンソンが演じるのは、タイトルロールのヒーローではなく、そのライバルとなるアンチ・ヒーローのブラック・アダムです…!!、なので、主演ではなく、“ 出演 ” です!!、詳しくは、以下 ↓ の関連記事をご覧ください…!!

《関連記事》
Shazam: ドウェイン・ジョンソンが、ワーナー・DCの新しいコミックヒーロー映画「シャザム」で、アンチ・ヒーローのブラック・アダムを演じることが正式に決定!!(14.9.4)


2019年6月14日全米公開 ザック・スナイダー監督の「ジャスティス・リーグ Part.2

ここまでの経緯を踏まえると、エズラ・ミラーのザ・フラッシュ、ドウェイン・ジョンソンのブラック・アダム、そして、これから起用される新ヒーローのシャザムらが、バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマンを中心とするヒーロー戦隊に絡むことになりますね…!!


2020年4月3日全米公開 レイ・フィッシャー主演「サイボーグ

これまでに映画に出演したことがなく、名前を言われても、世間のほとんどの人が顔もわからない舞台俳優のレイ・フィッシャーが、単独で主演をつとめるコミックヒーロー映画が成功する可能性は、現時点では、かなり厳しい…かと思いますが、ワーナー・ブラザースとしては、「バットマン V スーパーマン」で、レイ・フィッシャーが映画デビューを果たした後、コミックヒーロー大集合映画「ジャスティス・リーグ」を経て、これから6年先の2020年には、人気スターのひとりになっているだろう…!!という読みのようですね。

2020年6月19日全米公開 「グリーン・ランタン

ライアン・レイノルズを主演に起用して、2011年に公開した映画が絶不評で、叩きまくられ、沈没した「グリーン・ランタン」が、イチからのやり直しで、新たに製作されることになりましたが…、2度めの挑戦で、果たして、指環のヒーローは支持を集めることができるでしょうか…?!


WARNER BROS. DETAILS STRATEGIC CONTENT PLANS AT
TIME WARNER INVESTOR CONFERENCE


AREAS OF FOCUS INCLUDE INCREASED OVERALL FILM AND TELEVISION PRODUCTION, GLOBAL FRANCHISES, CABLE AND PREMIUM TV PRODUCTION, KIDS AND INTERNATIONAL EXPANSION

THREE “FANTASTIC BEASTS,” TEN DC ENTERTAINMENT AND THREE “LEGO” FILMS CONFIRMED

(October 15, 2014 ‐ Burbank, CA) Today at a Time Warner investors meeting, Warner Bros.’ Chairman and CEO Kevin Tsujihara outlined an aggressive content strategy for the Studio aimed at increasing profits while “doubling down on outstanding content, working with the best talent and maintaining the culture that makes Warner Bros. so great.”

“The demand for high quality video content is growing fast - in the United States and around the world - as new technologies have created new platforms and millions of new connected consumers,” said Tsujihara. “The opportunity is huge. And no studio is better positioned to take advantage of it than Warner Bros.”

As part of his presentation, Tsujihara announced a bold expansion of the industry’s broadest theatrical slate, built around the largest, most important global franchises. Warner Bros. Pictures will release three LEGO-branded films over the next four years, building upon the enormous success of this year’s “The LEGO Movie” ($468 million worldwide box office), starting with “Ninjago” in 2016, directed by Charlie Bean and produced by Dan Lin, Roy Lee, Phil Lord and Chris Miller. Batman will take a star turn in “The LEGO Batman Movie” in 2017, directed by Chris McKay, and the sequel, “The LEGO Movie 2,” will debut in 2018.

The Studio will release three pictures, in 2016, 2018 and 2020, based on best-selling author J.K. Rowling’s original story and screenwriting debut, “Fantastic Beasts and Where to Find Them.” Set in an extension of her familiar wizarding world, featuring magical creatures and characters inspired by Harry Potter’s Hogwarts textbook and its fictitious author, Newt Scamander, “Fantastic Beasts” will be directed by David Yates, who directed the last four Harry Potter movies, and reunite the filmmaking team of David Heyman, J.K. Rowling, Steve Kloves and Lionel Wigram.

And, in a massive expansion of the Studio’s DC Entertainment-branded content, Warner Bros. Pictures and New Line Cinema will release a slate of at least 10 movies - as well as stand-alone Batman and Superman films - from 2016 through 2020 that expands this prized universe of characters:

o “Batman v Superman: Dawn of Justice,” directed by Zack Snyder (2016)

o “Suicide Squad,” directed by David Ayer (2016)

o “Wonder Woman,” starring Gal Gadot (2017)

o “Justice League Part One,” directed by Zack Snyder, with Ben Affleck, Henry Cavill and Amy Adams reprising their roles (2017)

o “The Flash,” starring Ezra Miller (2018)

o “Aquaman,” starring Jason Momoa (2018)

o “Shazam” (2019)

o “Justice League Part Two,” directed by Zack Snyder (2019)

o “Cyborg,” starring Ray Fisher (2020)

o “Green Lantern” (2020)

On the television front, Warner Bros. Television Group is the undisputed industry leader, providing 32 shows to the five broadcast networks and an overall roster of more than 60 shows among network, cable, first-run syndication and animation. WBTVG will grow its leadership across multiple fronts, including cable, premium platform and kids programming as well as further its precedent-setting activities in SVOD and international television production and format sales.

Among the Studio’s programs are network TV’s #1 entertainment series in “The Big Bang Theory” and #1 unscripted series in “The Voice,” as well as favorites such as “Arrow,” “The Flash,” “Gotham,” “The Middle,” “Mom,” “Pretty Little Liars,” “The Vampire Diaries,” “The Bachelor” franchise, “The Ellen DeGeneres Show” and many more.

For Turner, Warner Horizon Television’s “Rizzoli & Isles” and Warner Bros. Television’s “Major Crimes” are two of the top three scripted series on all of basic cable for 2014, and the #1 and #2 shows, respectively, on TNT. The Studio has a number of future projects set up at TNT, including a pilot production order for an untitled drama set in the unpredictable world of the Florida cocaine trade in the 1970s, from Jerry Bruckheimer, Michael Bay and Michelle Ashford, and is in development on “Titans,” from Academy Award-winner Akiva Goldsman and Marc Haimes, based upon the DC Comics characters.

At HBO, WBTV’s first series for the premium television company, the critically acclaimed “The Leftovers,” debuted this summer and has already been picked up for a second season. WBTV has also produced the pilot “Westworld,” from executive producers J.J. Abrams, Jonathan Nolan, Jerry Weintraub and Lisa Joy, and starring Sir Anthony Hopkins, Ed Harris and Evan Rachel Wood, and has a number of other projects in development at the company.

Warner Bros. Animation is producing new series based on the Studio’s iconic brands, such as the upcoming “Be Cool Scooby-Doo!” and “The Tom and Jerry Show.” WBA’s “Teen Titans Go!” ranks as the #1 show in its timeslot against all kids’ networks.

For the first time ever, Warner Bros. Worldwide Television Distribution has licensed the exclusive subscription-video-on-demand (SVOD) rights to one of television’s most successful series ever, WBTV’s “Friends,” to Netflix in the U.S. and Canada. Starting January 1, 2015, Netflix members will have access to the entire 236 episode run of the series, which is still an enormous linear hit on cable (Nick at Nite and TBS) and in broadcast syndication.

Worldwide Television Distribution has also sold the off-network SVOD rights to the hit Warner Bros. Television series “Person of Interest” to Netflix in the United States. The first three seasons of the series, which currently airs on CBS, will be made available to subscribers in fall 2015, at the same time the series premieres off-network on WGN America.

These two deals are just the latest examples of how the Studio’s hit series continue to serve as annuities for decades beyond their initial broadcast. Further increasing the value of Warner Bros.’ library, since 1999, WBTVG has developed and produced 20 series that have reached the 100-episode milestone or will do so during the 2014?15 season.

“At Warner Bros., we are united to not only continue to create the world’s greatest entertainment content, but to over-deliver on our financial targets,” said Tsujihara. “I’ve been with the company for over 20 years and I can’t remember a time when I’ve felt more confident about our future. We’re committed to maintaining and enhancing the great legacy of Warner Bros., the world’s most iconic and profitable studio.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA