**************************************************************************************************


ロビン・ウィリアムズの代表作(1995年)のその後…という体裁で、現代に復活する新しい「ジュマンジ」を、ハワイで撮影中のカレン・ギランが、Instagram してくれたカレン・ギランがトリオで登場?!のカレン・ギランズ?!の写真です…!!、「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」シリーズの戦うヒロイン、ネビュラとして知られる本人を中央に挟んで、両端のカレン・ギランたちは、それぞれ代役のスタントウーマンの方々と思われますが、それにしても、危険がいっぱいのジャングルで活動するのに、どうして、ヒロインのルビー・ラウンドハウスは、ヘソ出しショーパンの素敵な格好なのか…?!という疑問については…、





先週の水曜日(9月21日)に、新しい「ジュマンジ」のメイン・キャスト=左からケヴィン・ハートドウェイン・ジョンソンカレン・ギランジャック・ブラックらが初登場した写真(↑)を紹介した時に、ルビーのエロい格好は、お前らのためだろーがッ!!という本音?!ではなくて、ちゃんと納得のいく理由がある!!というザ・ロックのコメントをあわせて、お伝えしました。なので、どうして、ヘソ出しショーパンがジャングルでの活動にふさわしい服装なのか…?!の謎が気になっていた方もいらっしゃるかもしれませんが…、


映画ジャーナリストのジェフ・スナイダーによれば(↓)、上 ↑ の写真のメイン・キャストは映画中の現実の人物ではなくて、ジュマンジのゲームの世界に閉じ込められてしまった4人の若者たちの仮りの姿のアバターだそうです…!!、よって、現実の人間ではないため、ジャングルなのに肌を出したヘソ出しショーパンという格好でも不都合はありませんし、また、ジョー・ジョンストン監督の前作では、ボード・ゲームだったジュマンジが、現代版では、やはり、ビデオゲームにアップデートされたそうですから、つまり、カレン・ギランが演じているルビー・ラウンドハウスは、「トゥーム・レイダー」のララ・クロフトのパクリ…ではなくて、パロディのキャラクターに違いない?!と憶測できそうですね!!


…といった次第で、実はゲーム上のキャラクターの存在だったケヴィン・ハート、ドウェイン・ジョンソン、カレン・ギラン、ジャック・ブラックらをアバターとして操る若者は、下 ↓ のザ・ロックがアップしてくれた写真で観られる…


左から順に…、主にテレビドラマで活躍してきたマディソン・イズマン19歳、リメイク版「フットルース」(2011年)などに出演していた年齢不詳のサーダリウス・ブレインに、ハリウッド版「デスノート」(2017年配信予定)の夜神月あらためライト・ターナーを演じるナット・ウルフの弟のアレックス・ウルフ18歳、そして、ミニ・シリーズ「ミルドレッド・ピアース」(2011年)のモーガン・ターナー17歳の4名です…!!、なお、この4人の若い真の主人公たちのうち、ドウェイン・ジョンソン扮する Dr.ブレイブストーンのキャラを操作するのは、アレックス・ウルフですが、残りの3名については、誰がどのキャラクターに相当するのか…?!という詳細はまだ、わかっていません。

therockさん(@therock)が投稿した動画 -


上 ↑ のビデオのように、ザ・ロック様はスーパスターなので?!、他のキャストから、クソッタレ!!と罵られながらも、ロケ地まで歩くことはなく、悠々とクルマで移動している楽チンらしい新しい「ジュマンジ」の監督は、「セックス・テープ」(2014年)などのジェイク・カスダン。全米公開は、来年2017年夏の7月28日の予定です…!!





【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA