**************************************************************************************************


オリジナルとリメイク版とで、それぞれが別々に「死霊のはらわた」シリーズの新作を作ることが期待されていたフェデ・アルヴァレズ監督と、サム・ライミ監督とが、まったく新しいホラー映画「ア・マン・イン・ザ・ダーク」の製作を決定し、来月11月5日から始まるアメリカン・フィルム・マーケットで、諸外国の映画配給会社に対して、配給権販売の営業を行うことを、以下 ↓ のプレスリリースを通じて、告知しました…!!



YouTube に投稿したショートフィルムが、サム・ライミ監督の目にとまり、幸運にも、そのホラー・マスターのデビュー作(1981年)をリメイクするという形で、自分もデビューを飾ることになった、リメイク版「死霊のはらわた」(2013年)のフェデ・アルヴァレズ監督が、言わば師匠のサム・ライミ監督と引き続き、チームを組んで、当然?!、ホラー映画の最新作「ア・マン・イン・ザ・ダーク」のメガホンをとることが決定しました…!!

リメイク版「死霊のはらわた」とまったく同様に、師匠のサム・ライミ監督が仕掛け人のプロデューサーの役割をつとめ、フェデ・アルヴァレズ監督がロド・サヤゲスと共同で執筆した脚本を、自ら映画化する「ア・マン・イン・ザ・ダーク」のプロットは…、


様々な犯罪の悪事で稼いできた3人の10代の若者たちが、ここらが潮時…とばかりに、このヤマを最後に足を洗おうと考えた荒稼ぎの計画は、世間から引き籠って暮らしている盲人が隠し持つとされる数百万ドルもの蓄えを奪おうという外道なたくらみだった…!!、しかし、相手が目の見えない盲人だけに、容易に盗みを働けるとタカをくくっていたのが、実際に盲人宅に忍び込んでみると、あにはからんや、悪だくみの罠に陥ったのは自分たちの方で、盲人は恐ろしい正体を秘めた狂気の持ち主だった…!!


…とのことで、狂気に駆られた盲人はいったい、何者なのか…?!といった、その正体もさることながら、リメイク版「死霊のはらわた」に続き、フェデ・アルヴァレズ監督の底意地が悪くて、エゲツのない描写がまた、くり広げられることになりそうですね…!!


LOS ANGELES, CA (October 30, 2014) – Ghost House Pictures announced today that Sam Raimi and Rob Tapert will re-team with Fede Alvarez and Rodo Sayagues on the writing duo’s thriller A MAN IN THE DARK. Alvarez previously directed and co-wrote the screenplay with Sayagues on EVIL DEAD, the hit retelling of Raimi’s classic which grossed nearly $100 million in worldwide box office.

Alvarez is set to direct A MAN IN THE DARK, and Raimi and Tapert will produce for Ghost House. J.R. Young, Nathan Kahane and Joe Drake will executive produce. Erin Westerman will oversee for the company. Good Universe will be launching international sales at the upcoming American Film Market. WME Global will be handling the North American sale.

In A MAN IN THE DARK, three teens who get away with perfectly planned home robberies have set their sights on one last payout that will get them out of crime forever. Their target: a reclusive blind man with millions of dollars in hiding. But as soon as they break into his home, the tables are turned and they find themselves trapped and fighting for survival against a psychopath with secrets of his own.

Alvarez is represented by WME, Anonymous Content and Karl Austen of Jackoway Tyerman Wertheimer Austen Mandelbaum Morris & Klein. Sayagues is represented by WME and Anonymous Content. Dan Freedman negotiated their deals on behalf of Ghost House Pictures.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA