**************************************************************************************************


シリーズ復活の最新作「スター・ウォーズ : エピソード7」のメガホンをとるJ・J・エイブラムス監督の製作プロダクション、Bad Robot が、新たに建造したミレニアム・ファルコン号にクローズアップしたビデオをリリースしてくれたのですが、ハリソン・フォードのハン・ソロがとんでもない驚きのパーツを取り付けたことが明らかになりました…!!







機体の全体を俯瞰したイメージこそ、伏せられたものの、ディズニー・ルーカスのシリーズ最新作「スター・ウォーズ : エピソード7」が、初めて公式に披露してくれた新しいミレニアム・ファルコン号を紹介したビデオです…!!、ビデオにつけられたタイトルの “ HUNKA JUNK ” とは、例えば、ストリート・ギャングが自分たちのクルマをセクシーに…、あるいは、いかつく見せかけるために取り付ける飾りのデコレーションのパーツのことですが、どうやら、ハン・ソロも自分がどれだけ強者かをアピールするために、戦利品として、強敵から奪ったモノを愛機に取り付け、言わば、勲章のシンボルとしているようです…!!


で、その戦利品とは何なのか…?!、ビデオの最後のサプライズをキャプチャした、下 ↓ の写真に写っているモノについて、今さら、CIAリーダーのみなさんに説明は不要かと思いますが、つまりは、先週末に広まった「バットマン V スーパーマン: ドーン・オブ・ジャスティス」の新しいバットモービルが盗まれた…!!のデマのニュースを鎮めて、苦笑してみせるために、ザック・スナイダー監督がリリースした “ 自動車泥棒はストーム・トルーパーだった…!! ” というジョークながら、「スター・ウォーズ」を悪者扱いした?!写真に対するJ・J・エイブラムス監督からのシッペ返しのリベンジがオチだったわけですね…!!


タダの冗談ではなく、新しいミレニアム・ファルコン号のディテールを初公開!!という映画の新情報をまじえてくれた点で、J・J・エイブラムス監督の方が、ザック・スナイダー監督よりも一枚上手だったかもしれない「スター・ウォーズ : エピソード7」は、来年2015年12月18日から全世界公開!!、実は盗られたのは新しいバットモービルではなくて、「ザ・ダークナイト」トリロジーのタンブラーだった「バットマン V スーパーマン: ドーン・オブ・ジャスティス」は、再来年2016年3月25日から全米公開!!、さて、「バットマン V スーパーマン V スター・ウォーズ」のジョークの抗争?!のやりとりは、どこまでエスカレートするのか…?!、ザック・スナイダー監督の反撃?!をお楽しみに…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA