**************************************************************************************************


どこかにまだ生きている人はいないのか…?!、無人と化したパリの街の空に向け、メッセージをしたためた紙ヒコーキを、当てどなく飛ばす孤独なロボットの L3.0 ですが…。フランスの3Dアニメとゲームの専門校 Isart Digital の学生の方たちが作ったらしい約4分半のショート・アニメは、言葉を話さないロボットが主人公につき、セリフはないため、ご覧になれば、どなたでもラストのオチで、え…ッ!!と、軽いショックを受けてしまうかと思います…!!









どんなに優秀なロボットにも、命の意味は理解できない…といったテーマから翻って、あらためて、命の大切さを物語ってくれたアニメだったかと思いますが、CIAリーダーの皆さんは、どのような感想をお持ちになられたでしょう…?!

L3.0 is alone. The streets of Paris have long since ceased resounding to the clamor of humanity and he is left to his own devices. He spends his days writing notes on paper planes and jettisoning them over the city in the hopes that they will attract some company for him. Yet one day something happens – he meets a living being and we finally learn the reason for Leo’s solitude.

3D/FX : Alexis Decelle, Cyril Declercq, Vincent Defour, Pierre Jury

Music & Sound Design : Victor Battaglia, Nicolas De Ferran, Remi Haentjens, Maxime Ferrieu







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA