**************************************************************************************************


テレビシリーズ「ダウントン・アビー」で人気のダン・スティーヴンスが、ミステリアスな主人公を演じたスリラー映画「ザ・ゲスト」が、北米で明後日の9月17日(水)から限定公開で封切られるアダム・ウィンガード監督が、韓国発のバイオレンスなスリラー映画「悪魔を見た」(2010年)をリメイクする運びになりました…!!



スカーレット・ジョハンソンと共演したサイキック・アクション映画「ルーシー」が、全米で今夏大ヒットになった韓国映画界の名優チェ・ミンシクが鬼気迫る迫力で演じたサディスティックな殺人鬼と、その殺人鬼によって、婚約者を殺されたイ・ビョンホン (「G.I.ジョー」シリーズ)扮する国家情報院の捜査官の壮絶な戦いを描いた韓国映画「悪魔を見た」が国際的に大注目されたことで、同映画のメガホンをとったキム・ジウン監督が、アーノルド・シュワルツェネッガー主演のアクション映画「ザ・ラスト・スタンド」(2013年)に抜擢され、ハリウッド進出まで果たしたことを、CIAリーダーのみなさんは、よくご存知のことと思います。


その傑作スリラー「悪魔を見た」のリメイク映画化権を、昨2013年末に取得したプロデューサーのアディ・シャンカル(「ドレッド」2012年)とスペンサー・シルナ(「ローン・サバイバー」2014年)が、冒頭でふれた最新作「ザ・ゲスト」のほか、スラッシャー映画「ユーアー・ネクスト」(2011年)でもコンビを組んでいるアダム・ウィンガード監督と脚本家のサイモン・バレットを起用する運びになったことを、The Wrap のジェフ・スナイダーが伝えてくれました…!!

ジェフ・スナイダーによれば、「ユーアー・ネクスト」と「ザ・ゲスト」を共に製作したプロデューサーのキース・コルダーとジェシカ・コルダーが、「悪魔を見た」のリメイク映画化に参加することになった経緯から、アダム・ウィンガード監督とサイモン・バレットのコンビにプロジェクトが託されたようですが…、


悪魔を見たテレビスポット



サイモン・バレットは、すでにハリウッド版「悪魔を見た」のシナリオ執筆の筆を進めているばかりか、アダム・ウィンガード監督は複数の俳優とミーティングをして、キャスティングを検討しているそうなので、リメイク映画は意外に早く完成に到るのかもしれません…!!


果たして、チェ・ミンシクに代わって、異常な殺人鬼を演じることになるのは、誰なのか…?!、ハリウッド版「悪魔を見た」は、オリジナル映画を凌ぐことができそうか…?!、CIAリーダーのみなさんは、アダム・ウィンガード監督とサイモン・バレットのコンビが起用されたことについて、どのような期待の感想をお持ちになられたでしょう…?!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA