**************************************************************************************************


女優から転身したジェニファー・ケント監督が、今年2014年初めのサンダンス・フィルム・フェスティバルで発表するや、観客を震え上がらせて、絶賛を博し、センセーションになった傑作ホラー映画「ザ・ババドック」の新しい予告編を、イギリスの映画メディア、トータル・フィルムが紹介してくれたので、CIAリーダーの映画通のみなさんもぜひ、チェックしておいてください…!!








「マトリックス・リローデット」&「レボリューションズ」(共に2003年)のエッシー・デイヴィスが演じる主人公のアメリアは、夫を交通事故で亡くして以後、シングルマザーとして、落ち着きを欠く活動過多の6歳の息子サミュエル(ノア・ワイズマン)の世話に手を焼いていた。そのような折り、どこからとも家の中に現れた絵本を、就寝前のお話として、母が息子に読んでやったところ、サミュエルは絵本に登場するミスター・ババドックこそは、自分がかねてより気配を感じていた得体の知れないモンスターの正体だと確信する…!!


…といった発端から、母子がババドックに憑りつかれていく過程を、母子家庭の問題と絡めて、底意地の悪い不気味さで描き上げた傑作ホラー映画「ザ・ババドック」は、イギリスで今秋10月24日から封切りのあと、北米で11月28日から公開の予定です…!!

《関連記事》
Movie News & Tidbits : 「スター・トレック」のスピンオフ映画?!「ザ・ウォーフ・オブ・ウォール・ストリート」のポスター、旧「ロボコップ」のクールなリミックス・ビデオ、恐怖の飛び出す絵本に憑りつかれた母子の戦慄を描いて、サンダンス映画祭で高評価されたホラー映画「ザ・ババドック」の予告編、and more …!!(14.1.22)


Six years after the violent death of her husband, Amelia (Essie Davis) is at a loss. She struggles to discipline her ‘out of control’ 6-year-old, Samuel (Noah Wiseman), a son she finds impossible to love. Samuel’s dreams are plagued by a sinister monster he believes is coming to kill them both.

When a disturbing storybook called ‘The Babadook’ turns up at their house, Samuel is convinced that ‘The Babadook’ is the creature he’s been dreaming about. His hallucinations spiral out of control and as he becomes more unpredictable and violent, Amelia is genuinely frightened by her son’s behaviour.

But when Amelia begins to see glimpses of a sinister presence all around her, it slowly dawns on her that the thing Samuel has been warning her about may be real.”







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA