**************************************************************************************************


今春4月末に、ディズニー・ルーカスが発表した「スター・ウォーズ: エピソード7」のキャストのうち、多くの俳優が連続して、「エピソード8」と「エピソード9」にも出演する可能性は、かなり高いように見込まれますが、その新しいサーガの第2弾と完結編の出演者として、デイジー・リドリー(↑)が、どうやら、ディズニー・ルーカスとの間で、すでに契約を済ませ、トリロジーを通して登場するらしいことが真っ先に明らかになったことから、まったく無名の新人女優こそが、新しいサーガのまさに主演女優であるばかりか、もしかすると、物語全体の主人公である可能性が浮上しました…!!



デイジー・リドリーが「スター・ウォーズ」の新サーガを通して登場するキャラクターであることが明らかになったのは、「エピソード7」に起用の大抜擢を受けたことから、それまで誰も知らなかった無名女優の代理人の権利をめぐって、にわかに火ぶたが切られたタレント・エージェンシー同士の争奪戦に、UTA=ユナイテッド・タレント・エージェンシーが勝利したことを伝えた業界メディア Deadline のマイク・フレミングのレポートによるもので、マイクはデイジー・リドリーがトリロジー全作品に出演するばかりか、「エピソード8」の監督に大抜擢されたライアン・ジョンソン監督が連続して、完結編の「エピソード9」のメガホンもとることを、あらためて伝えてくれています…!!


ジョー・ゴードン=レヴィットが主演をつとめたSFタイムパラドックスのアクション映画「ルーパー」(2012年)が高評価されたライアン・ジョンソン監督が、新サーガ完結編のメガホンをとることは、同監督が「エピソード8」に起用された大抜擢をスクープした記事の中で、すでにマイクはレポートしていましたから、今さら驚くようなことではないのかもしれませんが、しかし、ライアン・ジョンソン監督は「エピソード8」と「エピソード9」の脚本を連続して、執筆はするものの、実際にメガホンをとるのは「エピソード8」だけで、「エピソード9」のメガホンは、別の監督に委ねられることが、他の業界メディアで訂正報道されていました。なので、「エピソード9」の監督の椅子は、ひとまず空席となっていたのですが、マイクの新しい記事の記述が正確であった場合、新しい「スター・ウォーズ」は、J・J・エイブラムス監督によって立ち上げられはするものの、中核を成す真のクリエイターは、下ネタのジョークが得意なライアン・ジョンソン監督だ!!ということになりそうです…!!


さて、新しい「スター・ウォーズ」の「エピソード8」と「エピソード9」の最初の出演者として、名前が確定したデイジー・リドリーは、トリロジーを通して、どんな役を演じるのか…?!、CIAリーダーのジェダイの騎士のみなさんは、どのような想像をめぐらしていらっしゃることでしょう…?!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA