**************************************************************************************************


新作映画のわかりやすいレビューを、YouTube で発表している映画評論家コンビのクリスチャン・ハーロフとマーク・エリスが、信頼できる情報筋からのニュースとして、自分たちの映画サイト Schmoes Know で放った驚きのスクープによれば…、


好評を博した前作「スカイフォール」(2012年)から引き続き、ダニエル・クレイグのボンドとサム・メンデス監督がコンビを組む007シリーズ最新第24弾のボンドガールとして、「ミッション:インポッシブル-ゴースト・プロトコル」(2011年)で、殺し屋の悪女に扮し存在感を放った…と、つまり、女性同士の愛を大胆に演じた「ブルー・イズ・ザ・ウォームエスト・カラー」が、昨2013年の第66回カンヌ国際映画祭でグランプリのパルムドールに輝いたレア・セドゥーの起用が検討されているそうです…!!


果たして、スパイ映画のライバル・シリーズで、すでに活躍した女優を、サム・メンデス監督が本当に選ぶのか?!、シュモーズ・ノウのニュースの信頼度については、何とも言えませんが、同サイトによれば、レア・セドゥーが「ボンド24」で演じるボンドガールの役どころは、シリーズ第20弾の「ダイ・アナザー・デイ」(2002年)で、ロザムンド・パイクが演じたミランダ・フロストに相当するようなキャラクターとのことですから、すなわち、二重スパイの悪女!!だけに、前述の「M:i:Ⅳ」での実績を踏まえれば、レア・セドゥーは打ってつけかもしれません…?!


さて、レア・セドゥーは本当に、007シリーズに参戦するのか…?!、来年2015年11月6日から全米公開の最新作「ボンド24」は、今秋11月末から12月初め頃にクランクインの予定なので、新しいボンドガールの名前も遠からず、明らかになるものと思われます…!!、続報をお楽しみに…!!








【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA