**************************************************************************************************


“ 本来であれば、今年2013年2月15日に全米公開だったのが、今秋10月18日封切りに延期され、それから、さらに来年2014年1月17日全米公開まで先送り…と、最初の予定からすれば、約1年近い11ヵ月もオクラ入り…” と、もう1年以上前の昨2013年7月に、ワーナー・ブラザースが初公開した予告編の紹介記事で書いたあと、実際に映画を製作したレジェンダリー・ピクチャーズが、業務提携のパートナーをワーナーからユニバーサル映画に変えてしまったことで、またしても公開中止になってしまったアクション・ファンタジー映画「セブンス・サン」の新しい予告編を、ユニバーサル映画があらためてリリースしたので、お楽しみください…!!








冒頭のように、オクラ入りの末、配給会社が変わったことから結局、そもそもの封切り予定から2年遅れとなる来年2015年2月6日に、ようやく全米公開される運びになった「セブンス・サン」の新しい予告編です…!!

浅野忠信が主演した「モンゴル」(2007年)で知られるセルゲイ・ボドロフ監督が、名優ジェフ・ブリッジスと、「ナルニア国物語」シリーズのカスピアン王子ことベン・バーンズを主人公の師弟に起用した「セブンス・サン」は、ジョゼフ・ディレイニー著のYAファンタジー小説「魔使いの弟子」シリーズを映画化したもので、邦訳本を出版する東京創元社の内容紹介によれば…、

“ ぼくはトム、7番目の息子の7番目の息子。ぼくが弟子入りしたのは魔使い。怖ろしいボガートや魔女やゴーストから人々を守る、危険で孤独な仕事だ。ぼくが魔使いに弟子入りするための最初の試験は、うらさびれた炭坑町にある幽霊屋敷で、ひと晩過ごすこと。ところが、だれもいないはずの地下室で地面を掘る音がする……。怖がりの少年トムは無事に魔使いになることができるのか? どきどき恐くて面白い。 ”

…とのことで、デュードの魔使いの騎士と、弟子のカスピアン王子が対決する魔女のマルキンは、「キャリー」(2013年)のジュリアン・ムーア。その他の出演者は、「サボタージュ」(2014年)のオリヴィア・ウィリアムズ、「ポンペイ」(2014年)のキット・ハリントンに、スーパーマン・ビギンズ「マン・オブ・スティール」(2013年)のアンチュ・トラウェ、「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」が全世界で猛烈に大ヒット中のジャイモン・フンスー、そして、「0011 ナポレオン・ソロ」をリメイク映画化した「ザ・マン・フロム・アンクル」(2015年8月14日全米公開)に出演しているアリシア・ヴィキャンデルといった顔ぶれです…!!


さて、公開が2年も延期されてしまった「セブンス・サン」は、案の定、コケてしまうか…?!、それとも、「ゴジラ」(2014年)のレジェンダリー・ピクチャーズの作品だけに、それなりに見どころはありそうか…?!、CIAリーダーのジャンル系映画のファンの方は、新しい予告編をご覧になって、どのような評価を下されたでしょう…?!

In a time of enchantments when legends and magic collide, the sole remaining warrior of a mystical order (Oscar® winner Jeff Bridges) travels to find a prophesized hero born with incredible powers, the last Seventh Son (Ben Barnes). Torn from his quiet life as a farmhand, the unlikely young hero embarks on a daring adventure with his battle-hardened mentor to vanquish a dark queen (Julianne Moore) and the army of supernatural assassins she has dispatched against their kingdom. Sergei Bodrov directed Seventh Son from a screenplay by Charles Leavitt and Steve Knight and a screen story by Matt Greenberg, based on the book series “The Last Apprentice” by Joseph Delaney. The film is produced by Basil Iwanyk, Thomas Tull and Lionel Wigram. Jon Jashni, Brent O’Connor and Alysia Cotter are executive producers, with Jillian Share and Erica Lee co-producing. The film will be released in 3D.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA