**************************************************************************************************


ドイツの優勝で幕を閉じたワールドカップのブラジル大会の開催にあわせて、各国で封切るべきだったのでは…?!といった気がしないでもありませんが、「パリ、ジュテーム」(2006年)、「ニューヨーク、アイ・ラブ・ユー」(2009年)に続く、ひとつの街を舞台にした恋愛アンソロジーのオムニバス映画シリーズ最新作のブラジル・バージョン「リオ、アイ・ラブ・ユー」が、予告編をリリースしたので、チラとご覧ください…!!







情熱の国のブラジルのリオ・デ・ジャネイロを舞台にした「リオ、アイ・ラブ・ユー」で、それぞれの愛の物語を紡いだ監督たちは…、「シティ・オブ・ゴッド」(2002年)のフェルナンド・メイレレス監督、インコが主人公のアニメ映画「リオ」シリーズのカルロス・サルダーニャ監督、「ハウスメイド」(2010年)のイム・サンス監督、「プリシラ」(1994年)のステファン・エリオット監督、「グレート・ビューティー」(2013年)のパオロ・ソレンティーノ監督、ジェニファー・ローレンスの…


才能が注目を集めた「ザ・バーニング・プレイン」(2009年)のギジェルモ・アリアガ監督、「私の小さな楽園」(2000年)のアンドルーシャ・ワディントン監督、「キャラメル」(2007年)のナディーン・ラバキー監督、そして、リメイク版「ロボコップ」(2014年)のジョゼ・パジーリャ監督に加え、「トランスフォーマー」シリーズのジョン・タトゥーロが、自分の出演エピソードのメガホンを自ら取っています…!!、ヴァンサン・カッセル(「ブラック・スワン」2000年)、ロドリゴ・サントロ(「300」シリーズ)、ジェイソン・アイザックス(「ハリポタ」シリーズ)、ライアン・クワンテン(TVシリーズ「トゥルーブラッド」)、エミリー・モーティマー(「パリ、ジュテーム」2006年)、ハーヴェイ・カイテル(「グランド・ブダペスト・ホテル」2014年)らが出演のシリーズ最新作「リオ、アイ・ラブ・ユー」は、映画の舞台のブラジルで、9月11日から公開です…!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA