**************************************************************************************************


今週末の7月18日から全米で封切られる残酷スリラー映画の続編「ザ・パージ: アナーキー」でもチームを組んでいるマイケル・ベイ監督の製作プロダクション、プラチナム・デューンと、「パラノーマル・アクティビティ」シリーズや、「インシディアス」シリーズといった、近年のホラー映画のヒット作を手がけているプロデューサーのジェイソン・ブラムとが引き続き共同で、古くからある降霊術の遊び?!のコックリさんを映画化したオカルト・ホラー映画「ウィジャ」の予告編を初公開したので、お楽しみください…!!








もう6年前の2008年5月に、映画化決定!!のニュースをお伝えした「コックリさん」が、ついに現実のものとなって、初公開した予告編です!!、当初に予定されていたマックG 監督(「3デイズ・トゥ・キル」2014年)に代わって、本職のVFXアーティストのかたわら、ニコラス・ケイジ主演の「ノウイング」(2009年)や、ホラー・マスターのサム・ライミ監督がプロデュースした「ザ・ポゼッション」(2012年)のシナリオ・チームに加わるなどして、脚本家の実績も積んできたスタイルズ・ホワイトに初めて、メガホンが託された映画監督デビュー作の「ウィジャ」のあらすじのプロットは…、


テレビシリーズ「ティーン・ウルフ」などのシェリー・ヘニングが演じるデビーが事故で亡くなったことから、残された友人たちが、日本風に言えば、コックリさんにあたるウィジャ・ボードを使って、霊界のデビーとコンタクトをとろうと試みるのですが、実はデビーの死は単なる事故ではなく、その背景に忌まわしい存在のあったことが明らかに…!!


同じくホラー映画の「ザ・クワイアット・ワンズ」が今春の全米公開で注目を集めたオリヴィア・クック(↑写真)のほか、テレビシリーズ「ザ・シークレット・ライフ・オブ・ジ・アメリカン・ティーンエイジャー」のダレン・カガソフ、「パーシー・ジャクソン: シー・オブ・モンスターズ」(2013年)のダグラス・スミス、テレビシリーズ「ザ・フォスターズ」のビアンカ・サントス、そして、無名女優のアナ・コートらが出演者に起用された「ウィジャ」は、ハロウィン直前の今秋10月24日から全米公開!!、さて、CIAリーダーのホラー映画マニアのみなさんは、マイケル・ベイ監督がプロデュースの「コックリさん」が、ついに初公開した予告編をご覧になって、どのような感想をお持ちになられたでしょう…?!


“In theaters this Halloween, OUIJA follows a group of friends who must confront their most terrifying fears when they awaken the dark powers of an ancient spirit board. Stiles White directs the supernatural thriller that is produced by Platinum Dunes partners Michael Bay, Andrew Form and Brad Fuller (The Purge, The Texas Chainsaw Massacre, Friday the 13th) alongside Blumhouse Productions’ Jason Blum (Paranormal Activity and Insidious series, The Purge), Bennett Schneir (Battleship) and Hasbro.”







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA