**************************************************************************************************


待望の続編「シン・シティ2: ア・デイム・トゥ・キル・フォー」を配給するワインスタイン傘下のディメンション・フィルムズが、IGN を通じて披露してくれたスタンディーそのものではなくて、こうしたディスプレイをいずれ、映画館で目にすることになりますよ…!!といったデザインのイメージです…!!、続きを読むのあとで、別角度から見たスタンディーのイメージをもう1枚と、前作(2005年)から引き続き、ロザリオ・ドーソンが演じる娼婦街の女王 ゲイルが、恐らくは目的の建物に侵入するために見張りのギャングを誘惑しようとする本編シーンのビデオ・クリップをアタッチしたましたが、甘い罠のオチとして、最後にサプライズが用意されている場面なので、ネタバレ要注意です ! ! 、「シン・シティ2 : ア・デイム・トゥ・キル・フォー」を映画館で観るのを楽しみにしている方は、ビデオのさわりだけか、あるいは30秒めで、再生をストップしてください…!!








グラインド家のロバート・ロドリゲス監督と原作コミックの作者 フランク・ミラーとが、カルト人気の前作に引き続いて、共同でメガホンをとったネオ・ノワールのアクション映画「シン・シティ2: ア・デイム・トゥ・キル・フォー」は今夏8月22日から全米公開!!、出演者は、セクシーすぎるポスターが話題になった妖艶なエヴァ・グリーンをはじめ…、


前作のクライヴ・オーウェンに代わって、ドワイト・マッカシーを演じるジョシュ・ブローリン、不運なギャンブラー、ジョニー役のジョー・ゴードン=レヴィット、復讐の天使のセクシー・ダンサー、ナンシーのジェシカ・アルバのほか、ミッキー・ローク、ブルース・ウィリスジェイミー・キングジェイミー・チャン、レイ・リオッタ、デニス・ヘイスバート、パワーズ・ブース、そして、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズのクリストファー・ロイドといった豪華な顔ぶれです…!!


Co-directors Robert Rodriguez and Frank Miller reunite to bring Miller’s visually stunning “Sin City” graphic novels back to the screen in SIN CITY: A DAME TO KILL FOR. Weaving together two of Miller’s classic stories with new tales, the town’s most hard boiled citizens cross paths with some of its more reviled inhabitants. SIN CITY: A DAME TO KILL FOR is the follow up to Rodriguez and Miller’s 2005 groundbreaking film, FRANK MILLER’S SIN CITY.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA