**************************************************************************************************


スピルバーグ監督がメガホンをとって、1993年に封切られた第1作めの「ジュラシック・パーク」を描いてくれたのは、ブラジルのサンパウロを拠点として活躍しているフリーランスのイラストレーターの Kako さんです!!、続きを読むのあとで、ナイト・ビジョンの目線から T‐レックスを描いた別バージョンのポスターをあわせて、ご覧ください…!!

Movie News & Tidbits は、映画とセレブの話題をひとまとめのページです。その日のうちにトピックを追加していき、更新すると、トップページの最上段に再浮上します。更新の情報は Facebooktwitter でお知らせしています。


スマホの部品が脳にめり込んだことでスマホ人間に生まれ変わった少年がヴィジランテのヒーローとして活躍する Netflix のオリジナル映画iBoyの予告編 ! !



人気テレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」のアリア・スタークとして活躍しているメイジー・ウィリアムズが演じるヒロイン、ルーシーの危機を救うべく、警察に緊急通報の電話をかけようとした矢先、ギャングの銃撃を食らったことで、破裂したスマホの部品が脳にめり込んでしまった16歳の高校生トムは思いがけない副作用により、スマホ人間に生まれ変わることに…!!といった次第で、常連のCIAリーダーのみなさんからは、ビリーさんはまた、ふざけているんですか…?!と言われそうですが、上 ↑ の予告編のように、そうした荒唐無稽な物語を真面目に描いたオリジナル映画「iBoy」の予告編を、 Netflix が初公開してくれました…!!、「スパイダーマン」シリーズの主人公のピーター・パーカーが、特殊な種類とは言え、たかだかクモに噛まれたぐらいで、ヒーローに生まれ変わった…!!というのがありならば、スマホの部品が脳に刺さったことで、ヒーローに生まれ変わった…!!というのもありなのかもしれませんが、あまりにも陳腐な設定すぎて、ジャンル映画好きの方はむしろ、観てみたくなったのでは…?!、「X-Men : ファースト・クラス」(2011年)で、ミヒャエル・ファスベンダーのマグニートー=エリックの少年時代を演じていたビル・ミルナーがスマホ人間のサイボーグ?!として活躍する「iBoy」は、今月末の1月27日から配信だそうです…!!、悪役を演じているのは、「007」シリーズで、ダニエル・クレイグのボンドの同僚のビル・タナーに扮しているロリー・キニアですね…!!



Kako さんのジュラシック・パークのポスターのナイト・ビジョン・バージョン ! !








【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA