**************************************************************************************************


まだ赤ちゃんの故キャリー・フィッシャーを抱いて、幸福いっぱいの当時24歳のデビー・レイノルズさんの写真を見ると、娘とずっと一緒にいたい…と嘆いていた母が、まさに後を追うようにして亡くなってしまったのは無理もないこと…として、誰もが共感をせずにはいられないように思います…。



深い母の悲しみこそが真の理由かもしれませんが、訃報を昨日お伝えした「スター・ウォーズ」のレイア=故キャリー・フィッシャーのママの大女優デビー・レイノルズさんが、その娘を失った翌日の現地ロサンゼルスで今日の12月28日(水)に、脳梗塞と思われる症状を起こして倒れ、緊急に担ぎこまれたシーダース・サイナイ病院でお亡くなりになられました。享年は84歳でした。


デビー・レイノルズさんの訃報を真っ先に伝えた TMZ によれば、故人は本日のお昼に、息子のトッド・フィッシャー氏のビバリー・ヒルズの邸宅にて、どうやら、前日に亡くなってしまった娘の葬儀をどのように催すべきかを話し合っていた最中に倒れてしまったらしく、即座に911通報が行われ、駆けつけた救急車によって搬送された先の病院で回復することなく、そのまま永眠されたことを、トッド氏が明らかにしました…。

トッド氏によれば、デビー・レイノルズさんは、キャリーと一緒にいたい…と口にして嘆いていたそうですから、最愛の娘のお葬式のプランという、あらためて死を現実のこととして受けとめざるを得ない状況が何らかの引き金になってしまったのかもしれませんが、まさに昨日の今日と2日続けての娘と母の訃報は大変にショッキングな悲しい出来事として、受けとめられています…。


1932年にテキサス州で生まれたデビー・レイノルズさんは、1950年公開のリチャード・ソープ監督の「土曜は貴方に」で初めて注目され…ということは、若干18歳にして脚光を浴びるや、その2年後の1952年に封切られたミュージカル映画「雨に唄えば」のヒロインをつとめて、スターダムにのぼりつめ、50年代から60年代にかけて銀幕で活躍をしたハリウッドの伝説的なスターのひとりです。

ジェームズ・キャメロン監督の大ヒット作「タイタニック」(1997年)では、キャシー・ベイツが演じた実在の生存者のモリーの役に扮して、主演した1964年公開の「不沈のモリー」の演技により、アカデミー賞の最優秀主演女優賞の候補に選ばれたデビー・レイノルズさんは惜しくも栄冠は逃しましたが、長年の映画界への貢献が認められて、昨2015年に映画芸術科学アカデミーからジーン・ハーショルト友愛賞を贈られ、オスカー像を手にしています。

この名作ミュージカルを知らない映画ファンは誰もいないと言えそうな故人の代表作「雨に唄えば」のシーンをご覧ください。



映画の遺作としては、キャサリン・ハイグルと共演したクライム・アクションのコメディ「ワン・フォー・ザ・マネー」(2012年)になりますが、新年2017年春にリリースされる予定の愛娘と一緒のドキュメンタリー「ブライト・ライツ : キャリー・フィッシャー・アンド・デビー・レイノルズ」が最期の仕事としてクレジットされるものと思われますから、母と娘は最後の最後まで寄り添って、お互いの生涯を終えるような幕引きになった…と結ぶことができるのかもしれません…。


思いもかけず昨日今日と続いてしまった悲しみに絶句してしまった映画ファンの方は少なくないものと察しますが、母と娘とが天国で再会を果していることを願って、祈りを捧げるばかりです…。「スター・ウォーズ」と「雨に唄えば」という、アメリカ映画を語るうえで、絶対に外せない名作を共に遺した母と娘を、どうか讃えてあげてください…。








【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA