**************************************************************************************************


ザック・スナイダー監督のコミックヒーロー大集合映画「ジャスティス・リーグ」の「Part 2」が、当初に予定していた2019年6月14日の全米公開が消滅しました…!!、それがどうして、朗報なのか…?!、とり急ぎ、手短にお伝えすると…、




ベン・アフレック監督が単独主演をつとめる「ザ・バットマン」を先に封切るために、あえて、「ジャスティス・リーグ」の「Part 2」は製作を遅らせるそうです…!!、よって、そもそもは同コミックヒーロー大集合映画が予定していた2019年6月14日に「ザ・バットマン」が全米公開のあと、同年の秋の11月1日に、ワーナー・ブラザースが全米公開を予定しているDCコミックスの題名未定のヒーロー映画が、「ジャスティス・リーグ」の「Part 2」になるのでは…?!


…と憶測できそうですが、現時点では、ザック・スナイダー監督が来年2017年11月17日全米公開の「ジャスティス・リーグ」から引き続き、「Part 2」も手がけるものの、連続して製作する予定だったのを一旦、取り止めて、同監督が2000年から企画していたアフガニスタンを舞台にした小品の「ザ・ラスト・フォトグラフ」を作ってもらうそうです!!、なので、ベン・アフレック監督の「ザ・バットマン」が優先して封切られることと、それによって、スケジュールが空いたザック・スナイダー監督が作りたがっていた念願の企画に着手できるため、朗報!!ということになります…!!






【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA