**************************************************************************************************


日本の怪獣王が、中国の怪獣王に生まれ変わる歴史的な転換点になったら、どうしよう?!という不安を、「ゴジラ」ファンのみなさんが抱いているかもしれないハリウッド版シリーズ第2弾の映画のタイトルを、中華レジェンダリーが、ついに明らかにしてくれました…!!



この週末の12月16日に「スター・ウォーズ」の最新作「ローグ・ワン」を封切るギャレス・エドワーズ監督に代わって、ハロウィン・ホラー「トリック・オア・トリート」(2007年)、クリスマス・ホラー「クランパス」(2015年)を手がけたほか、今夏のコミックヒーロー映画「X-Men : アポカリプス」の原案を担当したマイケル・ドハティ監督がメガホンを引き継ぐことになったハリウッド版「ゴジラ」シリーズ第2弾のタイトルは…、

ゴジラ : キング・オブ・モンスターズ


…とのことで、日本語にすれば「ゴジラ: 怪獣王」なので、ゴジラの代名詞の “ 怪獣王 ” を採りこんだだけという特に工夫されていない印象ですが、しかし、この「ゴジラ : キング・オブ・モンスターズ」は…、


日本の映画スタジオの東宝が、1954年に発表したシリーズ第1作めのオリジナル映画が、その2年後の1956年に北米に上陸した時の英語のタイトル「ゴジラ : キング・オブ・モンスターズ!」から、「!」を取り除いたものなので、言わば「ゴジラ」の原点のタイトルを復刻したものとなっています!!、また、厳密に言うと “ モンスターたちの中の王者 ” と、ゴジラの他に複数の怪獣たちが存在していることが示されたわけですから、これまで続篇には、モスラ、ラドン、キングギドラの3大怪獣が登場し、怪獣大戦争で総進撃のアルティメット・モンスター・バトル!!になるらしい…と伝えられてきた内容を反映しているようにも解釈できますね…!!

さらに中華レジェンダリーのもうひとつの怪獣映画のシリーズと言える「パシフィック・リム」は、表向きはプロデューサと言っているものの、事実上は更迭された…と誰もが思っているギレルモ・デル・トロ監督に代わって、「デアデビル」シーズン 1 のクリエイターのスティーヴン・S・デナイトに新たにメガホンが託され、オーストラリアで現在撮影中ですが、どうやら、ギレルモ・デル・トロ監督が考えたタイトルの「パシフィック・リム : メイルストロム」をやめて…、

パシフィック・リム : アップライジング


…に変えられたことが、以下↓の中華レジェンダリーの人事に関するプレスリリースの広報で明らかになりました!!

製作中止のスクラップになった「パシフィック・リム : メイルストロム」と、新たにスタートを切ることになった新生「パシフィック・リム」の事実上の第1弾とが同じタイトルだったことで、クビになったはずのギレルモ・デル・トロ監督の続篇が、あたかも復活したかのようなカン違いを招いて、紛らわしかった状況だけに、これでスッキリと「パシフィック・リム : アップライジング」は、実際のところ、2013年公開のオリジナル映画とは、あまり関係ないと見なせることになって、落ち着いたのではないでしょうか…?!


「スター・ウォーズ」の覚醒トリロジーのフィン=ジョン・ボイエガが、前作に登場したスタッカー・ペントコスト(イドリス・エルバ)の息子という設定で、新たに主演をつとめる「パシフィック・リム : アップライジング」は、再来年2018年の2月23日から全米公開!!、マイケル・ドハティ監督の「ゴジラ : キング・オブ・モンスターズ」は、さらに先の2019年春の3月22日全米公開!!、第3弾の「ゴジラ VS.コング」は、その翌年の2020年5月29日全米公開です…!!、なお、この「ゴジラ VS.コング」の2020年全米公開は、CIA がねつ造した虚偽のウソだと、SNS 上で言っている人が大勢いらっしゃるのですが、残念ながら、配給のワーナー・ブラザースがプレス発表をした事実です…!!、絶対にウソだと、かたくなに思う方は、同社に真偽をお問い合わせください。

Legendary today announced the hiring of three veteran production executives to its feature film operations including Herbert W. Gains, who has been named EVP of Physical Production, Valerie Flueger Veras who has been named SVP of Post- Production and Sara Flamm who will take on the SVP Physical Production role. The new additions were announced by Mary Parent, Legendary’s Vice Chairman of Worldwide Production.

“Herb comes to us with a tremendous body of experience working alongside some of the most prolific filmmakers in our industry,” said Parent. “His strong business acumen and commitment to supporting the vision of storytellers with preeminent production resources makes him an excellent complement to our team here at Legendary.” Gains will report directly to Parent, effective immediately.

Best known for his work as Executive Producer on such films as Warner Bros’ The Judge and Watchmen, as well as the recently released Jack Reacher: Never Go Back from Paramount, Gains’ responsibilities will include overseeing production of Legendary’s feature film slate including such highly anticipated projects as Pacific Rim: Uprising, Pokemon’s Detective Pikachu and Godzilla: King of Monsters. Gains will also work closely with the post-production team insuring that the filmmaker’s vision remains intact through production to final distribution.

“I’m extremely gratified to be entrusted with this unique opportunity,” said Gains. “Legendary’s evolution over the past decade has been nothing short of remarkable. I am proud to take a key role in the company’s continued growth in feature film production and excited by the potential of its established franchises and the diverse slate of films currently in development.”

Reporting to Gains at Legendary, is Valerie Flueger Veras, who will assume the role of SVP of Post-Production. “I have had the good fortune of working closely with Valerie on multiple films over the last few years,” said Parent. “She brings experience from all aspects of filmmaking to the post-production process and really understands how to support filmmakers whether they are making an intimate character drama or a big VFX driven tentpole.”

Flueger Veras is a seasoned executive who has lead the post-production efforts on some of the most critically-acclaimed films of the last decade including Oscar-nominated feature films, The Revenant, Selma and Nebraska. As SVP of Post-Production, Flueger Veras will immediately begin overseeing post on the upcoming Spring action film, Kong: Skull Island.

“I’m thrilled to be joining Legendary,” said Flueger Veras. “In addition to having an opportunity to re-team with Mary Parent who I have long respected, I am extremely excited to be working alongside such an imaginative and highly respected team of professionals and can’t wait to dive in on this truly iconic slate of films.”

Rounding out Legendary’s production team is Sara Flamm, who will step into the SVP of Physical Production role and will also report to Gains. “Sara brings with her a wealth of experience working on the types of genre films that Legendary is best known for,” said Parent. “We’re excited to be adding her expertise to this skilled new team.”

Most recently Flamm worked alongside Gains as Unit Production Manager on on Jack Reacher: Never Go Back and the upcoming film Geostorm. She has also worked as Production Supervisor on numerous hit films including The Judge as well as comic adaptations, Green Lantern and Legendary’s own Watchmen. In Flamm’s new role she has already begun work on the production of Pacific Rim: Uprising, currently shooting in Australia.

“Having worked with Legendary in the past, I’ve long admired their focus on delivering a truly elevated cinematic experience to their audiences,” said Flamm. They’ve had an incredible history of blockbuster films, and I’m looking forward to being a part of this team’s continued success.”






【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA