**************************************************************************************************


昨日、ご覧いただいた戦闘中?!の写真に添えられた謎の数字の “ 220512052104 ” は、映画の物語の時代設定と思われる “ 2104年 “ の ”5月12日の夜の22時5分 ” のこと?!と読めそうだったほか、“ 22051205 ” の部分を “ 22日の木曜日(週の5番めの日)の12時5分 ” と解釈して、今週木曜日の12月22日の12時5分に予告編が披露されるのでは…?!とも考えられたわけですが、上 ↑ のタテ型の吊るされたコールドスリープの装置に添えられた謎の数字は “ 130112062104 ” でした…!!、仮りに日時を示しているものとして、“ 2104年の6月12日のお昼の13時01分 ” と読めば、昨日の戦闘風景?!の写真のちょうど1か月後…ということになりますが、さて、それぞれのミステリアスな数字の真意は、どこにあるのか…?!、謎解きの思案にふけりつつ、続きを読むのあとのキャサリン・ウォーターストンの新しい写真をご覧ください…!!






本日お先に紹介したDCコミックスのヒーロー大集合映画「ジャスティス・リーグ」(2017年11月17日から全米公開)の写真と同じく、エンタテインメント・ウィークリーを通じて、20世紀FOX が披露してくれた「エイリアン」シリーズ最新作「コブナント」の戦うヒロイン、ダニエルズに扮したキャサリン・ウォーターストンの新しい写真です…!!、今年2016年5月末にリリースされた初公開の写真と、夏の7月下旬に披露された撮影風景のメイキング・フォトのどちらでも、「幻の動物とその生息地」(全米公開中)のティナは横向きだったので、今ひとつ、キャラクターの印象がつかめませんでしたが…、


ご覧のように新しい写真では、ついに顔の表情までがハッキリとわかり、ダニエルズって、やっぱり、「エイリアン」シリーズの元祖ヒロインのリプリー=シガーニー・ウィーバーに、あえて似せてるの…?!という雰囲気が、より鮮明になりました…!!、このリプリーみたいなダニエルズのキャサリン・ウォーターストンが、エンタテインメント・ウィークリーのサラ・ヴィルコマソンの取材に応じて語ったコメントによれば…、
“ リドリー・スコット監督は、まさに達人よ!!、まるで10代か、20代前半の若者めいた活力にみなぎっているの!! ”
…とのことで、1965年にテレビシリーズの1話を手がけて、デビューを果したことを踏まえると、監督生活のキャリアが半世紀を超えている大ベテランの79歳のリドリー・スコット監督を讃えたかと思いきや…、
“ でも、彼はサドなのよ!!、どうやって、観客を怖がらせてやろうかって、知恵をしぼるのが好きでたまらないの!! ”
…だそうですから、オリジナル映画の「エイリアン」(1979年)に匹敵するような恐怖の戦慄を、いよいよ「コブナント」では堪能できるのかもしれませんが、当のサディスト?!のリドリー・スコット監督は…、
“ 人を怖がらせるというのは厄介だよ!!、笑わせるほうが、よっぽど簡単なんだ…!!、誰かを心底から震え上がらせるとなると、それは本当に難しいんだ…!! ”

…といった次第で、どうやら、サドだから、観客をイジメることばかり考えているわけではなくて、恐怖の演出というのは、とことん考え抜いて、仕掛けていかないと、観客を追いつめることができないので、どうすれば、より怖がらせることができるのか…?!、半世紀を超えるキャリアから、その手練手管の知恵をしぼって、徹底的に検討したうえで、「コブナント」を作ってくれたみたいです…!!

前作の「プロメテウス」(2012年)から引き続き、アンドロイドのデヴィッドを演じたミヒャエル・ファスベンダー主演の最新作「アサシン・クリード」の全米で明日の12月21日(水)の封切りにあわせて、ついに予告編が披露されるものと期待できる「エイリアン: コブナント」は、新年2017年夏のウルトラ話題作として、5月19日から全米公開!!、初公開の予告編をお楽しみに…!!



“Bound for a remote planet on the far side of the galaxy, the crew of the colony ship Covenant discovers what they think is an uncharted paradise, but is actually a dark, dangerous world — whose sole inhabitant is the ‘synthetic’ David (Michael Fassbender), survivor of the doomed Prometheus expedition.”





【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA