**************************************************************************************************


シェーン・ブラック監督の「ザ・プレデター」が全米の映画館に登場する再来年2018年2月9日の前年の2017年12月15日に「エピソード8」が封切られますから、その「スター・ウォーズ」の覚醒トリロジー第2弾から登場する新しい悪役とプレデターとが戦うのか…!!という気持ちで、映画を観ることになるだけに、「スター・ウォーズ」VS.「プレデター」の2大SF映画の悪役対決!!という話題の盛り上げ方を、FOXは出来ることになります!!



グラインド家のロバート・ロドリゲス監督が「プレデターズ」を封切った2010年に、古典モンスターに扮した「ザ・ウルフマン」こそ公開しているベニチオ・デル・トロは、それまで主に、「トラフィック」(2000年)や、「21グラム」(2003年)などの大人向けの作品で、シリアスな役に挑む演技派志向だったこともあって、プレデターとの対決は自分のイメージに合わないとして避けたのかもしれませんが、「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」(2014年)を通じてのマーベル・シネマティック・ユニバースへの参戦や、冒頭でふれたサーガへの進出を経験して、役者としての領域を拡げることをよしと考え直したのか?!、かつて対戦を見合わせたエイリアンのハンターと最新作の「ザ・プレデター」で、ついに戦うための交渉に入ったことを、業界メディア Deadline のマイク・フレミングと、Heat Vision のボリス・キットのライバル同士が、ほぼ同時にレポートしました…!!


厳密に言えば、マイクのほうが約2分ほど早かったので、真っ先にスクープしたものの、しかし、その記事の内容が、ベニチオ・デル・トロが「ザ・プレデター」に主演する見込みになった…!!だけだったのに対し、約2分遅れたボリス・キットは、その時間を使って、ベニチオ・デル・トロが演じる予定の主人公が、多彩なアンサンブル・キャストのメンバーを束ねるリーダーらしい…という設定までを書いてくれました…!!


では、そのベニチオ・デル・トロが束ねるアンサンブル・キャストの面々は、どういう立場なのか…?!と言うと、現時点では、そこまで内容に踏み込んだプロットは伏せられてるのですが、ジョン・マクティアナン監督がメガホンをとったオリジナル映画(1987年)に、当時の俳優としての立場で出演してたシェーン・ブラック監督は、そんな自分にとって愛着のある第1弾の映画のトーンに忠実な作品に仕上げると語り、言わば原点にかえることをほのめかしていましたから、つまり、アーノルド・シュワルツェネッガーのダッチが率いた特殊部隊に相当するようなアーミーが登場し、ベニチオ・デル・トロは現代版の新しいダッチなのではないでしょうか…?!


ただし、リメイクや、仕切り直しのいわゆるリブートではなくて、あくまでも、“ 続篇 ” なので、当のダッチのアーノルド・シュワルツェネッガーも再登場するかもしれないシリーズ最新作「ザ・プレデター」は、シェーン・ブラック監督が今夏、好評を博した「ザ・ナイス・ガイズ」のプロモーションで語っていた通りならば、この秋に撮影開始のクランクイン!!、なので、これから続報が次々と伝えられることになるかもしれませんが、「シカリオ」(2015年)のシカリオ=ベニチオ・デル・トロ VS.プレデター!!という対戦カードについて、CIAリーダーのみなさんは、どのような期待の感想をお持ちになられたでしょう…?!





【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA