**************************************************************************************************


本日、先に紹介した新しい写真10点とキャラクター・ポスター3点について、どこにもマッツ・ミケルセンの姿が観られませんが…と、コミックヒーロー映画は主人公のヒーローだけではなく、悪役の存在で成り立っているんですよ!!と、不満の指摘をされたいファンの方が当然、いらっしゃったかと想像しますが、ご安心ください!!、いつも魅力的なマッツ・ミケルセンの悪役カセリアスが、新しい予告編では、ちゃんと登場しています…!!







昨日から連続して、「ドクター・ストレンジ」の記事を更新しているだけに、ディズニー・マーベルの宣伝プロモーションも、いよいよフルスロットル!!といった感じですが、さらにダメ押し?!として、来月10月10日のヨル7時から、北米の115館以上の IMAX シアターで、約15分間の見せ場の特別映像を無料で披露するイベント “ エクスパンド・ユア・マインド : IMAX 3D・イクスクルーシブ・ファースト・ルック ” を催すことにした同社が、その告知のためにリリースした新しい予告編です…!!


そのように封切りに先がけ、約15分間もの映画の見せ場を無料で上映するという大盤振る舞いから推して、ディズニー・マーベルが「ドクター・ストレンジ」の映画の内容そのものには自信を持っていることが窺える一方、これまでのシネマティック・ユニバースのヒーロー映画とは違って、“ 魔術 ” という神秘の領域に踏み込んだ別次元の風変わりな世界観に対して、観客が馴染めずに拒否反応を起こし、食わず嫌いならぬ、観ず嫌いをしてしまうのでは…?!といった心配をしているらしい不安を察することもできるかと思います。


そうしたシネマティック・ユニバースが新境地に突入したことで失敗をする可能性の不安というのは過去にも、地球を離れ、宇宙を舞台にすることした「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」(2014年)の公開前にも懸念されたのですが、その時にディズニー・マーベルは、やはり、事前に見せ場を披露する特別上映のイベントを催すことで、映画の見かけは少し違うけれども、中身はこれまでのマーベルのコミックヒーロー映画と変わりなく、おもしろそうだ…!!という口コミを拡散することで払拭し、大ヒットをモノにしていますから、「ドクター・ストレンジ」でも同じ宣伝の手を使うことにしたようですね…!!


…といった風に、ディズニー・マーベルの行動パターンを分析すれば、別に “ エクスパンド・ユア・マインド ” のイベントに乗り込んで、約15分間も中途半端に映画を観なくても、いきなり、本編を観たほうが楽しめるんじゃないの?!、「ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー」級におもしろいかもしれない…!!と、神秘の魔術の新境地を恐れる必要はないと賢明に察することができそうな「ドクター・ストレンジ」は、今秋11月4日から全米公開です…!!





【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA