**************************************************************************************************


原作のゲームらしいイメージのシーンとして、予告編の最後で観られたイーグル・ダイブの “ リープ・オブ・フェイス ” は、どう撮影されたのか…?!、その舞台裏の様子をご覧ください…!!






「キック・アス」(2010年)で、屁タレのヒーローの代役をつとめた元英国代表のトランポリン競技の選手にして、パルクールの名手のスタントマン、ダミアン・ウォルターズが、主演のミヒャエル・ファスベンダーに代わり、125フィート…ということは、およそ42メートルにもなる高さから飛び降りた危険なダイブのスタントを紹介した「アサシン・クリード」のプロモ・ビデオです…!!、生の迫力にこだわるジャスティン・カーゼル監督(「マクベス」2015年)の求めに応じて、実現したスタントは、過去35年間の映画のうちで、最も高い位置から飛び降りたそうですが、しかし…、


こうしたダイブのシーンは、CG で描けるため、わざわざ、リスクを背負って、現実に行う意味がもう、あまり見い出せないので、もはや、容易に “ 歴史的 ” となってしまうため、過去35年間で最高のアピールなんて、真に受けない人もいるかもしれませんし、やはり、ダミアン・ウォルターズがスタントマンとして参加した「007:スカイフォール」(2012年)のように、高所からの飛び降りが鉄道橋の上からという現実の背景ならまだしも、結局は15世紀のスペインの風景の CG にはめこんで、合成するのであれば、特に42メートルという高さから飛び降りる必要もなかったのでは…?!などと、今時のデジタルな映画の作り方に詳しい映画ファンの方は感心しなかったかもしれない「アサシン・クリード」は、今年末12月21日から全米公開!!


イーグル・ダイブの “ リープ・オブ・フェイス ” は、「アサシン・クリード」をシンボライズするようなアクションの見せ場だけに、生のダイブにこだわって、それを現実にやってみることに挑んだだけの価値の迫力が、本当にスクリーンから伝わってくるのか…?!、ぜひ、映画館でご確認ください…!!


Through a revolutionary technology that unlocks his genetic memories, Callum Lynch (Michael Fassbender) experiences the adventures of his ancestor, Aguilar, in 15th Century Spain. Callum discovers he is descended from a mysterious secret society, the Assassins, and amasses incredible knowledge and skills to take on the oppressive and powerful Templar organization in the present day. ASSASSIN’S CREED stars Academy Award nominee Michael Fassbender (X-Men: Days of Future Past, 12 Years a Slave) and Academy Award winner Marion Cotillard (The Dark Knight Rises, La Vie en Rose). The film is directed by Justin Kurzel (Snowtown, Macbeth); produced by New Regency, Ubisoft Motion Pictures, DMC Films and Kennedy/Marshall; co-financed by RatPac Entertainment and Alpha Pictures; and distributed by 20th Century Fox . ASSASSIN’S CREED opens in theaters worldwide on December 21st, 2016.







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA