**************************************************************************************************


これまでにも、ダークナイト馬鹿の親子のためのタンブラー型ベビーカーや、「アベンジャーズ」マニアのママと幼い娘のためのハルクバスター型ベビーチェアなどを紹介したので、常連のCIAリーダーの方は覚えていると思う AWE me が、オタクのバカバカしい夢を叶えるべく、また採算度外視の本気で動いて、トンデモないモノを造りました!!








根っから自動車マニアのお父さんは、息子も同様にモータースポーツの世界にハマッてくれて、男同士でクルマ談義で盛り上がりたい…などと夢見ていたのに、そんな父の希望と裏腹に、オタクの趣味に走ってしまった自分にとって、クルマ型のタイムマシンのデロリアンが登場した「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(1985年)は、ようやく、父の趣味との間で接点が生まれ、父子で一緒にオートショーに出かけたりするようになるキッカケだった…


…と、ロバート・ゼメキス監督の映画のおかげで、お父さんとの絆が深まり、思い出ができたという風に語ってくれているブランドンさんは、自宅に自分なりの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ミュージアムをもうけて、同じ趣味の仲間と80年代や、50年代の服装で装ったコスプレ?!で集まる “ タイム・パーティー ” まで開くほどの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」マニアのわけですが…、


そんなブランドンさんの「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ミュージアムに加える突拍子もない逸品として、「アイアンマン」(2008年)のような大ヒット作を含む計400本以上もの映画やテレビのセットなどの美術製作に関わってきたシェーン・ハモンドさんが造ってくれた、まさかのデロリアン型のお風呂です…!!


タイムトラベルを題材にした数ある映画の中でも、ちょっと風変わりなタイムマシンが登場した!!という括りにおいては、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」と並べることができなくもないジョン・キューザック主演の「ホット・タブ・タイム・マシーン」(2010年)で観られたお風呂型タイムマシンとクルマ型タイムマシンのデロリアンを強引に一緒にしてしまったらしい無茶なアイディアのデロリアン型お風呂ですが、実際にスティーヴ・ピンク監督のバカ映画をご覧になられた方の中には、ちょっと勇気づけられる部分もある良い映画だったと思う…と気にいった人もいるでしょうから、ミスマッチのようでいて、実は意外によい組み合わせだったかもしれません…?!


ブランドンさんとは違って、お父さんに似て、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」マニアの9歳の娘さんとガールフレンドや、同じ趣味のお友だちと一緒に、これからも末長く、デロリアン型お風呂に浸かりながら、“ タイム・パーティー ” を楽しんでいただきたいですね…!!、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」好きには、本当にうらやましいお風呂です!!







【注意】本文の二重使用・無断転載厳禁。引用は当ブログ名を明記し、リンクをお願いします。特に某映画サイトのライターは文章を丸々コピーしないこと!!


Search in CIA